ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

好きなだけ発掘できるぞー!宮内庁の許可もいらないぞー!古墳マニア大絶賛の奈良の『古墳ケーキ』

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 奈良で営業する『ならまち菓子工房プティ・マルシェ&ぷちまるカフェ~』さんの、「古墳ケーキ」が、じわじわと全国から熱い視線を集めています。

 この古墳ケーキ、チョコクリームを使った本格3段築成の前方後円墳で、外はメレンゲで出来た円筒はにわで囲われ、中には勾玉(カシューナッツ)や、土器片(ピーカンナッツ)が埋蔵されています。
別売りの発掘スコップ型スプーンで食べると、発掘気分も楽しめ、味は奈良で人気のケーキ屋さんとあって折り紙付き。
価格はミニケーキ1基500円とお手頃で、「宮内庁の発掘許可がいらない!!」と全国の古墳好きが喜んで買っていくそうです。

【関連:聖地ファンに密かな人気!最強パワースポット「近畿の五芒星巡り」】

 このケーキ元々は、3年前に店主の中島さんの友人が奈良に店をオープンする際、古代奈良好きの友人のために古墳型の大きなケーキを作り開店祝いで贈ったのがきっかけなんだとか。その時の写真がTwitterで話題になり、何度か誕生日ケーキとして注文を受けるようになったそうですが、去年の正倉院展期間中の限定でミニサイズの古墳ケーキを販売したところ、再びTwitterで大きな話題に。

 ただ、あまりにも手間のかかるケーキのため、1日にわずかしか作れず、期間中食べられない人が続出。そのため、現在でも毎月第2日曜日に限定して販売を継続しているそうです。
ちなみにそれでもかなりの人気商品のため、店主の中島さんによると「予約がベター」との話。

 ミニサイズの古墳ケーキは月に一度の限定発売ですが、4号以上の大型古墳ケーキであれば、通常の誕生日ケーキ同様、事前注文すればいつでも作ることができるそうですよ。また、箸墓古墳モデルなど古墳を指定したい場合にも、可能な限り応じてくれるそうです。

 最近では、閑散期に限り単発のイベントとして「古墳ケーキ作り」のワークショップを行っており、ちょうど5月30日(金)に行われる「奈良きたまちWeek」というイベントで第2回が開催されるそうですよ。
参加者は、用意されたパーツを組み立てるだけなので、製菓技術は必要なく、埋蔵品も好きな物を好きなだけチョイスできるとのこと。
開催は10時~、13時~、15時~の3回で各回定員は8名。参加費は1800円で、古墳ケーキ1基、ドリンク、金の発掘スコップスプーン、お土産つき。参加申し込みは専用の予約ページ(http://www.furukoto.org/tobidasefurukoto.html)からになってます。

協力:
ならまち菓子工房プティ・マルシェ&ぷちまるカフェ~
〒630-8362 奈良市東寺林町22/Twitter:@petit_marche

カテゴリー : エンタメ タグ :
おたくま経済新聞の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP