ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

代表選出・大久保嘉人 父の遺言で貫いた「あきらめない心」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

《日本代表になれ 空の上から見とうぞ》。ちょうど1年前の5月12日、天国へ旅立った父。病室を整理していると、サッカー日本代表・大久保嘉人選手(31才・川崎フロンターレ所属)は、父が最後の力を振り絞り書き残した、こんなメッセージを見つけた。診断書の裏に綴られた弱々しいか細い文字だった。この“遺言”こそが、彼の運命を大きく変えることとなった──。

 父の一周忌に行われたサッカーW杯ブラジル大会の日本代表メンバー発表。ザッケローニ監督(61才)の口から、16番目に読み上げられたのが大久保の名前。報道陣からも「ウォー!」という歓声があがるサプライズ選出だった。

 2010年南アフリカW杯で、エース・本田圭佑(27才)らとともに、レギュラーとして日本代表のベスト16進出へ貢献した大久保。しかし、大会後は脱力感が大きく、周囲には“代表引退”をほのめかしていた。

 そんな大久保を一喝したのが父・克博さん(享年61)だった。克博さんは2005年ごろから肝臓がんなどのため、福岡市内で長きにわたる入院生活を送っていた。弱音を吐く息子に、病床から電話口で、「お前は、バカか!」などと一喝、大久保を励まし続けた。だが、当時の大久保は精神的にも肉体的にも疲れ切っており、モチベーションは上がっていかなかった。

 ザックジャパン発足以後、大久保が代表に招集されたのは2012年2月のアイスランド戦のみ。このときも結果を残せず、以来、一度も代表に呼ばれていない。

 だが、冒頭の父の“遺言”を見てからは、再び“日の丸”への思いを強くする。天国の父へ、もう一度、自分が世界の舞台で活躍する姿を見せるためだった。

 そこから人が変わったかのように、Jリーグで得点を量産していく。そして昨シーズンは得点王に輝く大活躍。

 それでも代表から声がかかることはなかったが、父との約束を果たすため、あきらめることなく、W杯イヤーとなった今シーズンも得点を重ね続け、大久保は大逆転でW杯メンバー入りを勝ち取ったのだった。

「自分が入ってワクワクさせるようなプレーを」

 こう意気込みを語った大久保。克博さんは天国で大好きなお酒でお祝いしていることだろう。

※女性セブン2014年5月29日号



(NEWSポストセブン)記事関連リンク
新大久保の韓国学生との韓国語個人レッスン 参加費は300円
ラグビー日本代表GMが日本ラグビーの危機的状況を語った本
今年のミス・ユニバース日本代表 初恋こじらせ25年彼氏なし

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP