ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

サラリーマンの年収・賞与以外の新しい評価基準「自己内利益」とは?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

労務行政研究所の発表によると、この夏の賞与の平均妥結金額は、前年同期比5.7%増の70万5792円とのこと(東証1部上場企業の125社を対象に調査)。08年以来6年ぶりに70万円台に乗るといった嬉しいニュースが届きました。

ビジネスマンたるもの、しっかり仕事で結果を残し、給与・賞与をもらいたいもの。あなたの夏の賞与はどのような数字になりそうですか?

給与・賞与など、目に見える金額という数字は、評価としてわかりやすい指標となります。ですが「自己内利益」についても、しっかり考える必要があります。

聞きなれない「自己内利益」という言葉、これは、経済入門書作家の小暮太一氏が作った造語。自己内利益とは、企業の会計の考え方を元に、労働者の幸福度を考えるというものです。

企業の会計は、「売上」から「費用」を引いたものが「利益」となります。企業ですから、もちろん利益を追求していくこととなります。100億円の売上が上がっても、110億円の費用がかかっていては、誰も評価はしてくれません。言わば、会社にとって利益は「当たり前」のこと。

しかし、この当たり前のことが、いざ労働者に置き換えて考えてみると、気に留めている人がほとんどいない……。この状態を危惧して作った言葉が、小暮氏の「自己内利益」なのです。

「個人会計の『売上』は、その個人に入ってくるお金・収入を意味します。つまり給料のことです。個人会計の『費用』は、その収入を得るのに費やしたものを意味します。あなたが、給料を稼ぐために費やすのは、時間や体力的・精神的エネルギーです。そして、この差額が『自己内利益』なのです」(書籍『ずっと「安月給」の人の思考法』より)

小暮氏は自著のなかで、自己内利益をこう説明しています。

個人が仕事を選ぶ時に収入面を気にかけることは当然のこと。高収入であればあるほど良いと考えるでしょう。しかし、その高収入を得るために、どれほどの時間や体力・精神的エネルギーを犠牲にしているのでしょうか。

転職サイトなどでは、よく「年収1,000万円以上のハイクラス求人」とうたった言葉が使われます。年収1,000万円は、ビジネスマンにとってのステータスとも言えます。もちろん、サイト内では高収入の仕事が紹介されているのでしょう。

しかし、その求人には、どれだけ仕事が大変で、毎日犠牲にする時間や体力・精神的エネルギーについては一切説明がされていません。

ですので、仮に年収1,000万円が実現できたとしても、消費するものが2倍になってしまっては、「幸せ」を感じることができません。それはつまり、企業からしたら「赤字状態」に陥ることと同じです。

つい私たちは、年収で全てを判断しようとしてしまいます。数字は嘘をつかないので、指標としてはわかりやすいものになります。しかし、そこには見えない「費用」の部分があることも。もし、時間や体力・精神的な消費が著しく大きいと感じた場合、その収入額に固執する必要があるのでしょうか。体・心の健康あっての仕事や生活。過剰な消費状況は改善すべきなのです。

あなたは「売上」を追求しますか? それとも、「利益」を追求しますか?給与・賞与よりも大切なものについて、今一度考えてみませんか。

【書籍データ】
・『ずっと「安月給」の人の思考法』小暮太一著 アスコム

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP