ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Tegra K1タブレット「MiPad」の実物写真とベンチマーク結果が公開

DATE:
  • ガジェット通信を≫

中国 小米科技(Xiaomi)が昨日発表した同社初のAndroidタブレット「小米平板(MiPad)」の実物を撮影した写真とベンチマーク結果が中国のWEBサイト VR-ZONE Chineseで公開されました。MiPadは7.9インチ2,048×1,536ピクセルの液晶ディスプレイ、NVIDIA Tegra K1 2.2GHzクアッドコアプロセッサ、6,700mAhバッテリーなどを搭載した小型ながらもハイスペックなAndroidタブレット。ディスプレイ仕様はiPad mini Retinaモデルとほぼ同じで、しかも、Tegra K1を搭載した初のAndroid端末ということもあって海外ではかなりの注目を集めています。魅力なのはその価格です。Xiaomi製品は比較的安価なことで知られていますが、このスペックで1,499元(約24,500円)~はお買い得と言えます。当面、国内で正規に発売されることはないと思いますが、輸入しようと思っている方は多いはず。私もチャレンジしようかと思っています。Tegra K1端末のベンチマーク結果はAntutuの場合39,263点でした。Xiaomiは41,000点を超えたと言っていますが、実際にはそれよりも低い結果となっています。それでも、最近普及し出したSnapdragon 801端末を軽く上回っています。解像度がもっと低ければグラフィックスのスコアが上がって40,000点を越えるかもしれません。Source : VR-ZONE Chinese



(juggly.cn)記事関連リンク
Galaxy S 5の"Sweet Pink"と"Champagne Pink"は日本限定らしい
カカクコム、スマートフォンやタブレットがクレジットカード決済端末になる飲食店向けのモバイル決済サービス「食べログPay」を提供開始
SIMロックフリー版「Xperia M2」が英国で発売開始

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP