ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

一般人が自分の中古車を売るために作ったCMのクオリティがスゴすぎて話題に

DATE:
  • ガジェット通信を≫

一般人が自分の中古車を売るために作ったCMのクオリティがスゴすぎて話題に

スウェーデン人のアートディレクターが、自身が所有している”ボルボの中古車”を売ろうとCMを製作。そのクオリティの高さがネット上で注目を集めている。

“Castor”なる人物が売りに出したのは、1993年式のボルボ245GLワゴン。YouTubeでの概要には「赤、所有者はCastorさんで6人目、2009年までのボルボによる整備記録簿付き」とある。また今年11月30日まで有効の検査済みだそうだ(訳注:この期限はスウェーデンで有効と思われる)。さらにバッテリーとラジエーターは新品で、夏タイヤと冬タイヤ付き。金額は7500スウェーデンクローナ(約11万6,000円)から応相談だ。

ドキュメンタリーのようなナレーションで始まるCMでは、「運動エネルギーや力学、システムの傑作」や、「かつての優れたエンジニアたちの手から生まれた」など、称賛の言葉が飛び出す。さらに所有者の趣味だったのか、窓には猫のステッカーがズラリ。トランクのドアがサビているところには、かなりの年季を感じさせる。

Castorさんはスウェーデン語と英語バージョンを作成。こちらは英語バージョンだ。

【動画】https://www.youtube.com/watch?v=JJ0nkStZnWo

見た人からはおおむね高評価を得ているこのCM。

「広告としては実に良くできている」
「これまでで最高のボルボ広告だ」
「買い手がつくといいね」
「まるでマイケル・ベイの映画の予告編だな…」
「(アメリカの)インディアナ州に持ってきてくれれば、今日買ってあげるよ。ガチで」
「買いたくなった」
「ジャン=クロード・ヴァン・ダムが必要なのでは」

と好意的なコメントが寄せられているが、5月14日の時点ではまだ誰も買い手がついていないようだ。

【参照リンク】
・Buy My Volvo (English)
https://www.youtube.com/watch?v=JJ0nkStZnWo 

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。