ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

NTTドコモ、「docomo/au共通絵文字」の提供を開始

DATE:
  • ガジェット通信を≫

NTTドコモは5月15日、キャリア間メール・SMSで使用できる絵文字の共通化への取り組みの一環として、本日発売の新機種からKDDI・沖縄セルラーのau端末と共通化したことを発表しました。従来の「ドコモ絵文字」がリニューアルされて、au端末と共通の「docomo/au共通絵文字」として提供されるようになったということです。これにより、絵文字の種類が従来の252個から698個に増加し、au端末との間で従来よりも表現豊かなメール・SMSを送受信できるようになります。共通化されたのは絵文字だけではなく、入力時の絵文字パレットの並び順やカテゴリもです。共通絵文字に対応しない機種の場合は、意味の近い絵文字に自動的に変換されるようになります。共通絵文字に対応するアプリはキャリア提供のメールアプリとAndroid標準のSMSアプリです。共通絵文字に対応する機種はAndroid 4.4以上を搭載したドコモスマートフォン・タブレットで、本日発売されたGalaxy S 5より利用できます。既存モデルの対応時期は明らかにされていませんが、Android 4.4へのアップデートで対応させる予定なのかもしれません。Source : NTTドコモ



(juggly.cn)記事関連リンク
東芝、「REGZA Tablet AT703」にATOKアップデート版を配信開始、濁点と半濁点を入力できない不具合を修正
Sony Mobile、海外モデルを対象にしたマイケル・ジャクソン「XSCAPE」無料プレゼントキャンペーンを開始
Samsung SM-G750シリーズは"Galaxy Mega 2"になるらしい

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP