ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

人気のギャラリーアプリ「QuickPic」が次期バージョンでリニューアル、Googleカメラのような透過型のスライドメニューが追加される見込み

DATE:
  • ガジェット通信を≫

サードパーティのギャラリーアプリの中でも人気の高い「QuickPic」が今後のアップデートでリニューアルされるようです。そのモックアプ画像が公開されました。画像によると、次期バージョンはAndroid 4.4のImmersiveモードに対応するほか、スライド型のメニューバーが追加されます。スライドメニューと言っても普通のものとは違って、背景が透過型でGoogleカメラのモードセレクタのような外観になる見込みです。2枚目の画像でそれを確認できると思います。今後はこういった表示スタイルが流行りそうですね。

次期バージョンのリリース時期には言及されていませんでした。Source : Google+



(juggly.cn)記事関連リンク
HTC One(M8)のレッドバージョンが台湾で発売
小米科技(Xiaomi)、世界初のTegra K1タブレット「小米平板(MiPad)」を正式発表、7.9インチ2,048×1,536ピクセルの高解像度パネルを搭載
Android上でiOSアプリがネイティブで動作する"Project Cider"、コロンビア大学の研究者らが開発

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP