ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

家族で守る秩父のご当地グルメ “わらじ型”醤油たれカツ丼「安田屋」

DATE:
  • ガジェット通信を≫


5月11日放送の「日曜ビッグバラエティ」(テレビ東京系、毎週日曜午後7時54分)で、「こんな田舎に行列が… 家族でガンバル人情食堂2」と題して、秩父にある「安田屋」(埼玉県秩父郡小鹿野町)が紹介された。

 地域住民が「土日には約300人もの行列ができる」と語る同店は、約30年前から行列が絶えないという地元の有名店。開店10分前にはお客さんが訪れ、続々と店先に並びはじめる。来店客の多くの目当てが、「わらじカツ丼(2枚入り(850円 税込み※2枚入り)」。同店のカツ丼は卵とじではなく、丼の上に大きなわらじ型のカツだけが乗っている。人気の秘密は、甘く味付けした秘伝の醤油タレ。醤油タレにカツをくぐらせて味付けしているため、衣はサクサクのままだ。また、タレがさっぱりとしているので、ビックサイズのカツでもペロリと完食できるのだという。あつあつご飯に染み込んだタレもまた絶妙な味わいだ。

「わらじカツ丼」を食したお客さんたちは、「めっちゃウマかったです。タレが甘い!」「サクサク感というか、食感がおいしい」「揚げ物は苦手なんですけど、さっぱり食べられます」とその味に大満足の様子で語っていた。

(テレビに出たお店ニュース)記事関連リンク
ニュースのお店を見る:安田屋 (ぐるなび)のお店紹介
周辺のお店を見る:秩父・長瀞のお店紹介
同じジャンルのお店を見る:和食のお店紹介
ぐるなび検索:秩父・長瀞×和食のお店一覧
多くの文豪たちが愛した名物「ビーフシチュー」に福くん兄妹が舌鼓

テレビに出たお店ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP