ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

お騒がせタレント土屋アンナ 実は「電車の中でも作詞するなどストイックな人」(関係者)

DATE:
  • ガジェット通信を≫

女優で歌手の土屋アンナ(30)といえばカリスマモデルだが、最近ではすっかりお騒がせの芸能人というイメージが強くなってしまった。主演舞台の稽古に参加せず、そのまま公演中止となり、挙句製作側が約3000万円の損害賠償を求めるなど、「ドタキャン騒動」があったためだ。

普段もワガママなのでは? という憶測も飛ぶが、土屋に関しては「そんなことは一切当てはまらない」と語るのは、とある芸能関係者。

舞台などで俳優が集合する際など、メンバーででどこかに行くこともある。そんな時にも土屋は一人になれる席を見つけ、作詞をしたりするのである。

他のメンバーも土屋のその行動は尊重し、ノートに歌詞を書き込んでいる様をあたたかく見守るのだという。現在土屋は音楽・演劇両方の分野で名を馳せているが、裏ではこうした地道な努力を日々続けているのである。

「どう言われようと、信念を貫くタイプ。ドタキャン騒動も、土屋には土屋の言い分がある。その強さがカリスマと呼ばれるところです。2児の母親でもありますが、私生活を切り売りはしないところがカッコイイとして、根強いファンは多くいます」(芸能関係者)

【参照リンク】
・土屋アンナ 公式サイト
http://anna-t.com/ 

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP