ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

『バットマンVSスーパーマン』ベン・アフレック版バットマンが初解禁、ネット上で大絶賛

DATE:
  • ガジェット通信を≫
『バットマンVSスーパーマン』ベン・アフレック版バットマンが初解禁、ネット上で大絶賛

『マン・オブ・スティール』(13)の続編『バットマンVSスーパーマン』でバットマンを演じるベン・アフレック。決定以降いろいろとネット上を騒がせたベン版バットマンのスチル写真が初公開された。

お披露目したのは、『マン・オブ・スティール』に続き二作目でもメガホンをとるザック・スナイダー監督。

「自分のレイカで撮ったんだ」とのコメントと共に13日、ツイッターで件の写真を公開するや、世界中でシェアされ既に4万1000リツイート。
日本でも、

「アリだな!」
「ベン・アフレックのバットマンいい感じじゃん!ムキムキ」
「ベン・アフレック版に期待!」

と、絶賛の声多数。また

「ベンアフレックのバットマン、ネコ耳みたいだな」
「ベンアフレックのバットマン耳ちっちゃい」
「顎がベン・アフレック」

など、パーツに対する鋭いツッコミ意見も見られ、さすがバットマンファンは細かいところまでチェックしているようだ。

クリストファー・ノーラン監督×クリスチャン・ベールによる「バットマン」三部作の印象があまりに強すぎて、新バットマンにベン・アフレックが決まった時は、世界中から不満の声がネット上を揺るがせたものだが、今回ビジュアルを見て一転容認、期待大と見方を変えた人も多い模様。

『バットマンVSスーパーマン』では、スーパーマンの宿敵レックス・ルーサー役に『ソーシャル・ネットワーク』(11)のジェシー・アイゼンバーグ、ワンダーウーマン役にガル・ギャドットの出演が決まっている。

『バットマンVSスーパーマン』は2016年5月、全米公開予定

【参照リンク】
・ザック・スナイダー twitter
https://twitter.com/ZackSnyder 

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。