ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

NTTドコモ、LTEネットワーク上で音声通話を実現する技術「VoLTE」を利用した音声通話サービスを6月下旬より提供、ビデオ通話も可能

DATE:
  • ガジェット通信を≫

NTTドコモは5月14日、LTEネットワーク上で音声通話を実現する技術「VoLTE(Voice over LTE」を利用した音声通話サービスを6月下旬より提供すると発表しましたこれまでのLTE対応スマートフォンの音声通話は3G網の回線交換網に切り替える「CSFB」方式によって提供されていましたが、VoLTEではLTE網を使います。しかし、LTEは回線交換網を持たないため、音声データはパケットデータと同じくパケット化されて転送されます。VoLTE対応機種であれば、Xiエリア内ではVoLTEで通話を行なうことになります。料金は従来のXiプランが適用されます。方式がVoLTEに変わることで、転送される音声の帯域が広がり、会話の音声がよりクリアに聞こえるようになる(コーデックの対応によるため、VoLTE端末同士のみ)ほか、発信時の繋がりも短縮されます。また、VoLTE端末同士はFOMAでもあったビデオ通話を行なうこともできます(別途、パケット料が発生します)。サービス開始時点でVoLTEに対応するのは2014年夏モデルのスマートフォン4機種とタブレット2機種です。スマートフォンは6月下旬に予定されているソフトウェアアップデートで対応します。タブレットは7月に予定されているソフトウェアアップデートで対応します。Source : NTTドコモ



(juggly.cn)記事関連リンク
デジハリ福岡校、無料で6ヶ月間のAndroidアプリ開発講座と1ヶ月間の企業内インターンシップを受けられる「Androidアプリクリエイター養成講座」の応募受付を開始
Google、Chromecastを韓国で発売
NEC、8インチと10.1インチのAndroidタブレット新モデル「LaVie Tab E(TE508/S1、TE510/S1)」を発表

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP