ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

全国のレジャースポットでスマホのデータ通信速度が一番速いキャリアは?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

日経BPコンサルティングによって行われた「第3回全国LTE/4G エリア調査」。これによると、データ通信速度ダウンロードNo.1は、iPhone、AndroidともNTTドコモであることが明らかになった。

ショッピングモールや複合商業施設、レジャースポットなどの行楽エリアを中心に、過去最多となる全国2818ヵ所を対象とし、実際の測定ポイント数も前回の2147から3005へと拡大して行われた今回の調査。

計測端末は、NTTドコモが「Xperia Z1 f」と昨年9月から提供開始した「iPhone 5s」、KDDI(au)が「iPhone 5s」と「isai」、ソフトバンクモバイルが「iPhone 5s」と「AQUOS PHONE Xx」の6機種を使用。
その結果、iPhone、Android 端末とも、ドコモがデータ通信のダウンロード速度で1位に。Android端末は、前回(「Xperia A」)の24.70Mbpsから、今回(「Xperia Z1 f」)は28.82Mbpsとなり、さらに高速化。iPhoneも25.01Mbpsと、他社に比べて速い結果となった。

一方、アップロード速度は、iPhone、Android端末ともにソフトバンクモバイルが1位。特にiPhoneが6機種の中で最速で、アップロード速度で9.64Mbpsに上ったという。

都道府県別を見てみると、ダウンロード速度はiPhone、Androidのいずれも全47都道府県でNTTドコモが1位、アップロード速度では、ソフトバンクモバイルがiPhoneで41都道府県、Androidで36都道府県において1位。

2013年度に過去最高売上高&収益となり、ディズニーシーの拡張計画なども発表した東京ディズニーリゾートや、今年7月にはハリーポッター関連施設がオープンするユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)といった話題の人気東西レジャースポットでも調べてみた。
入場ゲートや人気アトラクション前など、10ヵ所程度のポイントで測定してみたところ、こちらもダウンロードが最速だったポイントが多かったのはNTTドコモ、またアップロード速度ではソフトバンクモバイルという結果に。
NTTドコモのダウンロードはiPhone、Androidともそれぞれ他社に比べて速く、特にiPhoneが東京ディズニーリゾートで25.31Mbps、USJで27.09Mbpsと、6機種中最速。一方、アップロード速度では、ソフトバンクモバイルがiPhone、Androidのいずれもリード、特にiPhoneがディズニーリゾートで8.07Mbps、USJで12.19Mbpsと6機種中最速を記録した。

ということで、今回の測定結果は、「ダウンロードはNTTドコモ。アップロードはソフトバンクモバイル」という結果だったと言って良いだろう。

ちなみに、2013年度末のLTE/4G設備の増強・拡大により、LTE/4Gのエリア化率は、各社とも9割を超えている状態。その中で、KDDI(au)iPhoneが99.0%で1位となっている。

ドコモは先日行われた満足度調査でも、エリア、通話品質、通信品質などで利用満足度1位を獲得している。

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP