ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

自作スタンプ「1位の自信あった」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

5月8日、ユーザーが誰でもLINEスタンプを制作し販売できるプラットフォーム「LINE CREATORS MARKET」に参加している一般ユーザーが制作したスタンプ(クリエイターズスタンプ)の販売が開始された。開始直後から早速ネット上で話題になるスタンプが登場するなど、活況の様相を見せている。

【画像や図表を見る】

これまでは、運営会社など企業が制作した商品が販売されてきたLINEのスタンプ市場だが、4月17日より「LINE CREATORS MARKET」でクリエイターとスタンプの登録受付が開始し、審査を通過すれば誰でも1セット40種類100円で販売できるようになった。販売用のウェブサイト「LINE STORE」には販売初日の5月8日から既におよそ400種類の“自作”スタンプが登場していたが、その中でも特に話題なのが、「もっと私にかまってよ!」というタイトルのスタンプシリーズだ。

“森もり子”なるクリエイターが作ったこのスタンプは、商品ページの説明によれば、「返事をくれない彼氏を追いこもう」というテーマで作成されたものとのこと。女性キャラが様々な言葉で彼氏風の相手からの返事を催促するという内容になっており、女性キャラから出ている吹き出しには、

「返事マダ?」
「既読じゃん…」
「何してんの?」

といったセリフが登場。携帯を目の前に置き時計を無言で見る姿や両手の人差し指を合わせていじける姿のスタンプなども用意されている。実用性とユーモアを兼ね備えたスタンプシリーズといえそうだ。

このスタンプの販売開始について作者の森もり子さんが8日、ツイッターで、「返事をくれない彼氏を追い込むスタンプ発売開始です」と告知すると、このツイートはすぐに広く拡散。5月10日16時時点で約1万6500回リツイートされる人気ぶりとなっており、「LINE STORE」の「クリエイターズスタンプ」カテゴリでのランキングも1位。ツイッターではユーザーから、

「さっそく購入」
「こ、これは可愛い!!」
「ウザいがかわいい。これがウザかわいい、か」
「キャラクターじゃなくて用途自体をテーマにするって視点がいいなぁ。なるほど」

といった好評の声が多数書き込まれている。

森さんが12日に更新した個人向けメディアプラットフォーム「note」の記事では、「『一位になる』ってことに関しては40個のスタンプを登録を終えた時点で、かなり自信ありました」と明言しており、今後その根拠について綴っていくとのこと。販売開始直後から早速ネット上を席巻する人気商品が現れたということで、ますます“自作”スタンプ市場は盛り上がっていきそうだ。
(R25編集部)

自作スタンプ「1位の自信あった」はコチラ

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびweb R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、web R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

(web R25)記事関連リンク
LINEスタンプ 自作販売可能に
ハードル高い?自作LINEスタンプ
女子ウケのいいLINEスタンプは?
「パァ」が突如ツイッターで流行
R25をオフラインで読める無料アプリ(外部サイト)

カテゴリー : 未分類 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP