体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『共闘ギルド』アプリで友達がいない人でもワイワイ楽しめる! 博多大吉さんと実際に共闘してみたぞ

共闘ギルド

SCEJAがリリースしている共闘仲間とオンラインで盛り上がれるアプリ『共闘ギルド』。このアプリはiOSとAndroidにて無料で公開されているアプリでこれを使っていつでも遠くに居る人とのオンライン共闘プレイのマッチングをしてくれるお助けツールだ。アプリに内蔵されているボイススタンプと呼ばれる定型文を使ってチャットを行いながら『PS Vita』でのオンライン共闘プレイが行える。
詳細は公式サイトへ

スマホと『PS Vita』の2台を駆使して、あたかもその場でアドホックプレイをしているかのようなワイワイ感が楽しめるらしいということなのだ。今回ゲストプレイヤーと呼ばれる芸能人と共闘プレイできるとの情報を入手。ウェブ上に公開されている芸能人のIDを『共闘ギルド』アプリで検索すると博多大吉さんを発見。博多大吉さんから無事に承認してもらいフレンドとなったわけである。その後は博多大吉さんからのチケット発行を待ちながら共闘の準備。チケットが発行されたら時間内に参加ボタンを押して参加表明をするだけ。なんとも簡単に共闘フレンドとなった博多大吉さんとつながれた。その後ルームに集まり『PS Vita』で『ソウル・サクリファイス デルタ』を一緒にプレイすることができた。

博多大吉さんと共闘開始

今回はそんな手順で博多大吉さんと小一時間ほど『ソウル・サクリファイス デルタ』で共闘することが出来た。ほか2名はスタッフ。まずアプリでも、『PS Vita』でもプレイ前にみんなで挨拶。ちなみに『ソウル・サクリファイス デルタ』での「ひろたろう」というプレイヤーが博多大吉さんで、私は「ソル」である。

チケット発行 ルーム ルーム

豊富なボイススタンプ

豊富なボイススタンプのおかげで、みんなで集まらなくてもその場で遊んでいるかのような体験が出来るのが『共闘ギルド』アプリ。女性プレイヤーは女性の声、男性プレイヤーは男性の声で、到着と同時ににぎやかな声が聞こえてくる。そのためボイススタンプはゲーム中にわざわざ目視しなくても聞いてチャット内容を把握できるというメリットがある。むしろボイススタンプ入力に忙しくなったりして。

挨拶をして準備ができたら「じゃあ行きますかー!」「オー!!」と気合を入れて開始。もちろんボイススタンプはゲーム中も使うことが可能。『PS Vita』で『ソウル・サクリファイス デルタ』をプレイしながらスマホのボイススタンプを確認するというなかなかにぎやかで忙しい作業となる。またそれが臨場感があって楽しい。

ゲーム中にやばくなった際、励ましあったりもできるこのボイススタンプ。『ソウル・サクリファイス デルタ』には内蔵で別途定型文チャット機能があるが、こちらはゲームをアドバイスする際などにも使え、アプリ内とゲーム内とで分けて使うと更に会話の幅も広がるだろう。

共闘ギルド

※オンラインの向こう側の画像は特別に入手。

博多大吉さんと見事一緒にオンライン共闘ができ、実に面白かった。今後も、いろんなチケットに参加して、今回の博多大吉さんのように、普段の生活ではつながれない人と簡単につながって一緒に遊ぶことができるという、オンライン共闘プレイの醍醐味を『共闘ギルド』アプリを使ってたくさんの人とプレイしていきたい。皆さんにも是非アプリを使ってオンラインワイワイ共闘プレイをチャレンジいただきたい。

準備中 自分はソル 博多大吉さんのプレイ みんなでプレイ
1 2次のページ
ソルの記事一覧をみる

記者:

  ネタのタレコミや情報提供は下記ウェブサイトからお願いします

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy