ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Motorola、低価格スマートフォン「Moto G」のLTE対応モデルを正式発表、Micro SDカードスロットも追加

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Motorola Mobilityは5月13日、同社で最も多く売れたAndroidスマートフォン「Moto G」のLTE対応モデルを正式に発表しました。人気機種がLTEに対応したことで、支持者がさらに増えそうです。Moto G LTEは、現行のMoto G 3GにLTEネットワークへの接続機能とMicro SDカードスロットを追加したものです。基本スペックはMoto G 16GBモデルと大差ありません。Moto G LTEの主なスペックは、4.5インチ1,280×720ピクセルの液晶、Snapdragon 400 MSM8x26 1.2GHzクアッドコアプロセッサ、1GB RAM、16GBROM(Micro SDカード対応)、背面に500万画素カメラ、前面に130万画素カメラ、2,070mAhバッテリーを搭載。OSはAndroid 4.4.x(KitKat)を搭載しています。Moto G LTEの販売価格は$219(約22,300円)。けっこう安いので3G版から乗り換える人もけっこう多いと思います。Source : Motorola



(juggly.cn)記事関連リンク
今持っている音楽ファイルを簡単にカラオケ曲にできるカラオケ練習アプリ「プチリリカラオケ」が登場、今後は採点機能も追加される予定
Xperia ZL2 SOL25のタッチパネルはペン先の細いスタイラスペンにも反応する模様(動画あり)
2014年Q1のスマートフォン世界出荷台数で5インチ以上の大画面モデルが3分の1を占める。Xiaomiが出荷台数で6位にランクイン(Canalys調査)

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP