ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

auのAndroidスマートフォン・タブレットが5月15日より米国におけるLTEローミングに対応

DATE:
  • ガジェット通信を≫

KDDIは5月13日、auのAndriodスマートフォン・タブレットが5月15日から米国でLTEでのローミングも可能になると発表しました。これまではiPhoneとiPadしか米国におけるLTEローミングに対応していませんでしたが、遂にAndroidでも可能になります。サービス開始時点でLTEローミング可能な機種は「isai LGL24」、「Xperia ZL2 SOL25」、「GALAXY S5 SCL23」、「AQUOS SERIE SHL25」、「URBANO L03」。タブレットは「Xperia Z2 Tablet SOT21」のみです。これらの対応機種では米国本土に加えて、アラスカ、ハワイ、プエルトリコ、米領バージョン諸島において米AT&TのLTEネットワーク内でパケット通信を行なうこともできます。LTEローミングも「海外ダブル定額」の対象となっているので、同サービスに加入していればパケット通信量4万円分までは1日1,980円、4万円を超過した場合は1日2,980円の定額料金でデータ通信を行なうことができます。Source : KDDI



(juggly.cn)記事関連リンク
2014年Q1のスマートフォン世界出荷台数で5インチ以上の大画面モデルが3分の1を占める。Xiaomiが出荷台数で6位にランクイン(Canalys調査)
LGが「LifeBand Touch」と「Heart Rate Earphones」の発売を発表、まずは5月18日に米国で発売
HTC One mini 2(0PBM100)が台湾のNCCで認証を取得

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP