ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

エミネムが新曲MVを母の日に公開、長年確執があった母と和解 感動の声続々と

DATE:
  • ガジェット通信を≫

人気ラッパーのエミネムが、母の日に新曲「Headlights」のミュージックビデオを公開し感動を呼んでいる。

これまで実の母であるデビー・マザーズに対し、愛憎入り交じった辛辣なラップで”口撃”していたエミネム(本名:マーシャル・マザーズ)。そのせいで母から名誉毀損で訴えられたり暴露本を出版されたりと、両者の溝は深まるばかりだった。

しかしFUN.のヴォーカリスト、ネイト・ルースをフィーチャーした新曲「Headlights」は非常にエモーショナルだ。エミネムのがなり立てるようなラップ、そして心情を吐露したリリックからは、不器用ながらもついに母と和解しようという気持ちが伝わってくる。

「誰を傷付けるかもしれないなんて考えもしなかった/でも母さん、きっとアンタがいちばん食らっちまったんだろうな/お互い頑固なぶん矛先をマトモに受けちまった」

「それでも母さん、アンタのことを憎んでるわけじゃないんだ/今でもオレには美しく見えるよ/だってアンタはオレの母さんなんだからな」

【動画】https://www.youtube.com/watch?v=7bDLIV96LD4

この「Headlights」のMVは、名匠スパイク・リー監督がエミネムの地元デトロイトで撮影したもの。リー監督自身も同曲の予告映像で「感動的な作品になったね。もちろん苦く辛い部分もあるけど、人生ってそういうものだよ」とコメントしており、そのドキュメンタリー・タッチな仕上がりに満足しているようだ。

今年42歳になるエミネムが綴った、「これだけは憶えておいてくれ/母さん、愛してるよ/遠くにいても、どんな時も/最後に言わせてほしかったんだ」というリリックには涙を禁じえない。

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP