ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

SamsungはGalaxy Tabの13.3インチモデルも開発しているらしい

DATE:
  • ガジェット通信を≫

2014年はタブレットにも注力しているSamsungが、今後は13.3インチのAndroidタブレットを開発しているという情報を海外のWEBサイト GSM Arenaが伝えています。Samsungは今年、12.2インチというAndroidでは大画面と言える10.1インチタブレットよりも一回り大きな機種を出してきましたが、それよりもさらに大きな機種を「SM-T91X」の型番で開発しているようです。上図によると、SM-T91Xは”Warhol”というコードネームを持っており、13.3インチWQHDの液晶パネルを搭載しています。(解像度はたぶん2,560×1,600ピクセルだと思います)。SM-T70XやSM-T80X(Galaxy Tab S)ではAMOLEDパネルを採用していますが、13.3インチモデルは液晶となるようです。液晶なのでGalaxy Tab Sシリーズではなさそうです。Galaxy TabPROの1つでしょうか。上図からはこのほか、SM-T70Xシリーズのコードネームが”klimt”、SM-T80Xシリーズのコードネームが”Chagall”であることも記載されています。Source : GSM Arena



(juggly.cn)記事関連リンク
AmaoznアプリストアのAndroidアプリがv9.0にアップデート
チケット販売サービス「e+(イープラス)」の公式Androidアプリガリリース
レノボ・ジャパン、10.1インチWUXGAディスプレイを搭載したAndroidタブレット「Yoga Tablet 10 HD+」を5月16日に国内発売

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP