ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

恵安、Android 4.2を搭載した低価格7インチタブレット「KPD704R」を発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫

恵安(KEIAN)は5月12日、Android 4.2を搭載したエントリーレベルの7インチAndroidタブレット「KPD704R」を発表しました。販売価格は8,880円で、明日5月13日に発売されます。KPD704Rは、質量290gの軽量なボディに、7インチ800×480ピクセルの液晶(静電容量式タッチパネル)、Rockchip RK3026 1.0GHzデュアルコアプロセッサを搭載したエントリーレベルの小型タブレット。OSはAndroid 4.2(Jelly Bean)を搭載しています。1万円を切る安さが魅力と言えますが、性能には期待はしないほうが良いでしょう。メモリは512MB RAMと4GB ROM(Micro SDカード対応)を搭載。カメラは前面に30万画素を搭載。背面にはありません。ワイヤレス通信機能はWi-Fi b/g/nのみ。バッテリー容量は2,300mAhとなっています。その他、マイク、スピーカ、Micro USB端子もあります。筐体サイズは181.6mmx x 120.9mm x 10.6mmです。Source : 恵安



(juggly.cn)記事関連リンク
Moto G LTE版が米Amazonに登場、価格は$219
HTC One(M8)ブルーバージョンのプレス画像が流出
Archos、10.1インチタッチ液晶のAndroidノートPC「ArcBook」を発表、$170の安さが売り

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP