ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

東中野の知る人ぞ知る、洋食の名店「レストラン ITO」

DATE:
  • ガジェット通信を≫


5月9日放送の「ぴったんこカン・カン」(TBS系、毎週金曜午後7時56分)では、「小さな洋食屋さんで噂のヤミツキめし」をテーマに、タレントの石塚英彦さんと安住紳一郎アナウンサーが東中野駅の西口に佇む「レストラン ITO(イト)」(東京都中野区)を訪れた。

1969年創業の同店は、特製ソースでいただくステーキがメインの店だという。石塚さんと安住さんは柳川用陶器皿にハンバーグ用のパテを敷き詰め、ベシャメルソースとデミグラスソースをかけてオーブンで焼いたランチの人気メニュー「ボンボーヌ」を注文。

熱々出来たてを味わった石塚さんは、お決まりの「まいうー!」のコメントとともにガッツポーズ。安住さんは「ハンバーグを食べているときよりも、表面の焦げ目の苦味、(トマトの)すっぱさ(がおいしい)」と舌鼓。「すてきな料理に出会ったね!」「総武線に乗って東中野って聞いたら降りたくなりますね」と絶賛した。

(テレビに出たお店ニュース)記事関連リンク
ニュースのお店を見る:RESTAURANT ITO(ぐるなび)のお店紹介
周辺のお店を見る:中野のお店紹介
同じジャンルのお店を見る:洋食・西洋料理のお店紹介
ぐるなび検索:中野×洋食・西洋料理のお店一覧
衣サクサク! 巣鴨で愛される「巣鴨ときわ食堂」の「あじフライ定食」

テレビに出たお店ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP