体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【パンの旅~沖縄編1~】「八重岳ベーカリー」(沖縄・本部町)

生活・趣味
【パンの旅~沖縄編1~】「八重岳ベーカリー」(沖縄・本部町)

岳の中のパン屋『八重岳ベーカリー』

【パンの旅~沖縄編1~】「八重岳ベーカリー」(沖縄・本部町)

沖縄本島北部の岳の中に『八重岳ベーカリー』はある。山道を車で進むあいだに車一台、誰ひとりにも会わない、偶然に出会ったのはマングース一匹、そんな亜熱帯の木々が生い茂る道を進んだところにお店がある。

【パンの旅~沖縄編1~】「八重岳ベーカリー」(沖縄・本部町)

「私も10年前に山道で迷い、たまたまここに辿りついたんです。私も『こんなところにパン屋が?』と思ったのが最初なんですよ。」と店長の小原さんご夫婦が笑顔で我々を出迎えてくれた。思っていたよりも店は随分大きくて立派だった。

【パンの旅~沖縄編1~】「八重岳ベーカリー」(沖縄・本部町)

小原氏は穏やかな優しい表情でパンについて語ってくれた。

「ここのパンは全て全粒粉を使った体に良いパンなんです。オーナー夫婦がアメリカ在住時に学んだ『体に良いものを食べる』という予防医学の考え方が基になってなっています。35年程前に、医者でもあったオーナーが医学的な立場から、健康と食べることの大切さを人々に伝えたいと考え、パンなどを作りはじめました。全粒紛のパンを美味しく食べられるよう試行錯誤したと聞いています。」

『八重岳ベーカリー』のパン

【パンの旅~沖縄編1~】「八重岳ベーカリー」(沖縄・本部町)

人気商品は「黒パン」。動物性のものを一切使用せず、全粒粉80%、オリーブ油、黒糖、シークヮーサー果汁などを使用したパン。

食べてみると、しっとりとして柔らかい。粗引きの全粒紛が口の中で心地よく響き黒糖の優しい甘さが後をひく。しっかり咀嚼すると黒糖のコクと小麦の旨みが混じりあいひろがる。健康パンのパサパサしたイメージとは全く違うパンだった。

【パンの旅~沖縄編1~】「八重岳ベーカリー」(沖縄・本部町)

こちらも定番商品の「くるみ」。全粒粉50%、九州産小麦、くるみ、オリーブ油、黒糖、シークヮーサー果汁などを使用したパン。くるみは細かく砕いたものがたっぷりと入っており、どっしりと満足感も感じられるようなパン。しっかりと噛み締めながら食べるとまるで、おにぎりのようだ。きんぴらなど和食のおかずとも合いそうだ。バターをたっぷりのせて食べるのも良い。

【パンの旅~沖縄編1~】「八重岳ベーカリー」(沖縄・本部町)

小原氏おすすめ「おからパン」。九州産小麦、全粒粉25%、島豆腐のおから、黒糖などを使ったしっとりとしたパン。先に食べた「黒パン」「くるみ」ともに美味しかったが私はこれが一番好きな味だ。おからがパンになるとこんなに美味しいということに驚きを覚えた。もっちりとして蒸しパンのような食感。

1 2 3 4次のページ
パンスタの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会