ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Cyber-shot™ Camera Xposed : Xperiaのカメラ機能の中でも標準状態では手出しできない箇所をカスマイズできるようにするXposedモジュール

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Xperiaスマートフォンのカメラ設定の中でも標準状態では手出しできない部分までカスタマイズできるようにしたXposedモジュール「Cyber-shot™ Camera Xposed」がリリースされました。「Cyber-shot™ Camera Xposed」はリリースされたばかりということもあり、機能はそれほど多くありませんが、リリース版(v1.0.0)では次の点をカスタマイズできます。カスタマイズオプションは今後のアップデートで増えていくでしょう。「おまかせプレミアムオート」における静止画サイズの変更(8MP+5MP、13MP+9MP、20MP+15MP)ボリュームボタンを利用したズーム操作カメラキーによるバーストショットの機能停止起動音の無効化これはXposedなので、root化した後にXposedフレームワークを導入しないと機能しません。設定変更はアプリを起動すると表示されるメニュー画面で行います(上図)Source : Xposed



(juggly.cn)記事関連リンク
サンワサプライ、Android / iPhoneで利用可能なポータブルワンセグチューナー「400-1SG003」を発売
Sony、FIFAワールドカップブラジル大会用のSNSサイト「One Stadium Live」をオープン
Androidスマートフォンに貼るだけで物理ボタンを追加できる「Dimple」のミニバージョンとTPUケースが発表

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。