ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

“差”がつくスマホの日本語入力機能

DATE:
  • ガジェット通信を≫

メールやサイト検索、SNS、アプリ活用など、スマートフォンを利用するうえで欠かせない操作が「文字入力」。スマートフォンの使い勝手は、文字入力の快適さに左右されるといっても過言ではないだろう。

【画像や図表を見る】

そんなスマートフォンの文字入力機能を飛躍的に進化させたソフトとして注目されているのが、富士通とジャストシステムが共同開発した「Super ATOK ULTIAS(スーパー エイトック ウルティアス)」。従来の文字入力機能を大幅に強化し、この夏に発売される富士通の最新機種から搭載される予定だ。

「ATOK」は、もともとジャストシステムが開発した日本語入力ソフトだが、富士通と共同でさらに改良。漢字変換の精度や入力のしやすさなどを向上し、「富士通専用」として誕生させたとのこと。

例えば「そうしゃ」と打ち込んだ場合、入力中の文章から文脈を読み取って、楽器の「奏者」、あるいは野球の「走者」など、同音異義語のなかから最適な言葉に高い精度で変換してくれる。

また、使っているアプリによって、変換する文字の候補を自動で切り替える機能も搭載。地図アプリなら地名を、メールやSNSへの書き込みなら話し言葉を、アドレス帳なら人名を優先して変換候補を表示してくれるのだ。

さらに、スマートフォンのフリック入力が苦手という人に朗報なのが、「プレミアムサクサクタッチパネル」と「予測変換」の組み合わせ。「あ」と打ったつもりが「い」になってしまうなど、フリック入力はわずかな指の動きで誤入力されることがあるが「プレミアムサクサクタッチパネル」は、タッチパネルの電気ノイズの改善でそうした誤入力を大幅に削減。

また、実際に誤入力してしまった場合でも、「予測変換」機能が本来入力したかった文字を予測し、正しい候補を表示。例えば「アクセスポイント」と入力するつもりが「あくさすぽ」と入力しても、文脈を踏まえた「変換候補」を表示してくれる優れもの。この2つの機能によって入力ミスが減り、またミスした場合でもリカバーは実に簡単。

スマートフォンでの日本語入力と変換の快適さを追求した「Super ATOK ULTIAS」。近々スマートフォンの買い換え、またはガラケーからスマートフォンへの移行を考えているアナタ。この夏は、“日本語入力”に注目して新機種を見比べてみてはいかが?
(R25編集部)

“差”がつくスマホの日本語入力機能はコチラ

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびweb R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、web R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

カテゴリー : 未分類 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP