ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

正体不明のNexusデバイスのコードネーム”Flounder”が発見される

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Chromiumのバグトラッカー上で、新しいNexusデバイスのコードネームとみられる”Flounder”が発見されました。Nexusデバイスのコードネームは魚類・海洋生物の名前が多いことで知られています。これまでに発売された機種だと、Galaxy Nexusの”maguro”と”toro”(マグロ)、Nexus 7 2012の”grouper”(ハタ)、Nexus 4の”hammerhead”(シュモクザメ )、Nexus 10の”mantaray”(エイ)がそうでした。今回の”Flounder”は日本名だと「ヒラメ」です。魚類。海洋生物の名前を使用したものなので、新しいNexusデバイスと考えられます。新しいNexusデバイスとしては、Nexus 6やNexus 8など、複数機種の存在が噂として伝えられていますが、その中でもNexus 8はGoogle I/O 2014あたりに発表されると伝えられており、それだという可能性がまず最初に考えられます。Source : Myce



(juggly.cn)記事関連リンク
ASUSアウトレットで「MeMO Pad HD7(ME173)」が9,980円、Miracastドングルが5,980円で販売中
Sony Mobileなどのグローバルメーカー、来年は$300未満のミッドレンジモデルも"防水"に対応させる計画
Google Play開発者サービス v4.4にAndroid Wearのサポートが追加される

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP