ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

KDDI、LTE-AdvancedとWiMAX 2+に対応した10.1インチタブレット「Xperia Z2 Tablet SOT21」を発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫

KDDIは5月8日、auタブレットの2014年夏モデルとしてSony Mobile製「Xperia Z2 Tablet SOT21」を発表しました。発売時期は2014年7月中旬となっています。SOT21は、今年3月よりグローバル市場で販売されている「Xperia Z2 Tablet」のKDDI独自モデルです。基本的には「SGP521」をベースにしており、LTE-AdvancedやWiMAX2+のほか、ワンセグとフルセグの視聴に対応するなど一部の仕様がカスタマイズされています。Xperia Z2 Tabletの基本仕様は、厚さ6.4mm・質量439gの薄型軽量ボディに、10.1インチ1,920×1,200ピクセルのTriluminos液晶ディスプレイ、Snapdragon APQ8974 801 2.26GHzクアッドコアプロセッサ、3GB RAM、背面に810万画素のExmor RSカメラ、6,000mAhバッテリーを搭載。OSはAndroid 4.4.2(KitKat)です。また、IP68レベルの防水・防塵にも対応しています。本体側面にはS-Force Front Surround 3Dに対応したステレオスピーカーや赤外線リモコン用のLED、マグネット充電端子、4K動画のHDMI出力も可能なMHL3.0対応のMicro USB端子などを搭載。さらに、Sonyブランドのタブレットでは初のタッチバイブレーションに対応しています。OS:Android 4.4(KitKat)サイズ:266 x 172 × 6.4mm、質量439gディスプレイ:10.1インチ、解像度1,920×1,200ピクセル(WUXGA)、液晶、1,677万色、X-Reality for Mobileプロセッサ:Qualcomm Snapdragon 801 APQ8974AB 2.5GHz(クアッドコア)GPU:Adreno 330メモリ:RAM 3GB、内蔵ストレージ 32GB外部メモリ:microSD/microSDHC/Micro SDXC(最大128GB)リアカメラ:810万画素(裏面照射型CMOS、LEDフラッシュ、動画は最大1080p)フロントカメラ:220万画素対応周波数:GSM(850/900/1800/1900MHz)、WCDMA 850MHz(Badn 5)/1900MHz(Band 2)/2100MHz(Band 1)、CDMA2000 800MHz(BC0)/2100MHz(BC6)、LTE 800MHz(Band 18)/1500MHz(Band 11)/2100MHz(Band 1)、WiMAX2+ 2.6GHz通信速度:3G(下り最大9.3Mbps/上り最大5.5Mbps)、LTE(下り最大150Mbps/上り最大12Mbps)、WiMAX2+(下り最大110Mbps)通信機能:Wi-Fi a/b/g/n/ac(2.4GHz/5GHz帯対応、HT80モード対応)、Bluetooth v4.0、NFC(TypeA/B)、W-Fi Direct、Miracast、DLNA、赤外線通信(リモコン)外部端子類:3.5mmオーディオジャック、マイクロUSBセンサー類:加速度、ライト、デジタルコンパス、ジャイロ、GPS/A-GPS対応バッテリー:6,000mAh待受時間:-1,200時間(3G)、1,100時間(LTE/WiMAX2+)通話時間:-分カラー:ブラック、ホワイトEメール(~@ezweb.ne.jp):○Cメール(SMS):○auスマートパス:○Felica:×NFC:○(TypeA/B)ワンセグ:○フルセグ:○赤外線通信:○(リモコンのみ)防水:○(IPX5/X8)防塵:○(IP6X)テザリング:○(Wi-Fiは最大10台)WIN HIGH SPEED:○WiMAX:×4G LTE:○LTE-Advanced(CA):○WiMAX2+:○緊急速報メール:○グローバルパスポート:○(LTE/GSM/UMTS)Source : KDDI



(juggly.cn)記事関連リンク
「Xperia ZL2」はグローバルモデルも存在? アクセサリー対応機種リストに記載される
Google WalletのAndroidアプリが日本語に対応
ZTE、Bladeシリーズ新モデル「Blade L2」を欧州市場で発売

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP