ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

島崎和歌子、渡部建が唸り続けた 隠れ家の名店で新鮮な海の幸を味わい尽くそう

DATE:
  • ガジェット通信を≫


5月6日の「ヒルナンデス!」(日本テレビ系、毎週月~金曜午前11時55分)で隠れ家グルメの名店として紹介され、お笑いタレント「アンジャッシュ」の渡部建さんが率いるキャスト一行が東麻布のマンションの地下にある和風ダイニング「逢坂」(東京都港区)を訪れた。

江戸時代より酒屋の目印とされる飾り「杉玉」を、看板の代わりとして入り口に掲げている同店のおすすめは「ウニ湯葉のジュレがけ」。青森産の紫ウニに湯葉、かつお節のジュレ、生青のりを合わせた一品。苦味や臭みがなく、甘みたっぷりの新鮮なウニに、タレントの島崎和歌子さんは「身がしっかりしていて美味しい!」と唸った。渡部さんは「ウニの甘みと湯葉の旨味とこれらを一切邪魔しないジュレの味、素材の良さをダイレクトに感じられる」と絶賛した。

続いて一行の目当てである「鯛茶漬け」を注文。その日にしめたばかりの愛媛産真鯛に、ナッツ類を使用した特製タレをかけ、上から大葉とのりがトッピングされた鯛。大将から食べ方を教わり、まずは2、3枚ほど刺し身のようにそのまま食べることに。すると、渡部は「タレが濃くて香ばしい、しかしそれに負けない新鮮な鯛のぷりぷり感がある」と評した。続いて、魚沼産コシヒカリを使用したご飯の上に鯛をのせ、静岡産の掛川茶を注いで、お茶漬けに。独特な風味にハマった水卜アナは瞬く間に鯛茶漬けを平らげ、大将におかわりを求めた。

(テレビに出たお店ニュース)記事関連リンク
ニュースのお店を見る:東麻布 逢坂(ぐるなび)のお店紹介
周辺のお店を見る:麻布十番のお店紹介
同じジャンルのお店を見る:和食のお店紹介
ぐるなび検索:麻布十番×和食のお店一覧
島崎和歌子、渡部建が唸り続けた 隠れ家の名店で新鮮な海の幸を味わい尽くそう

テレビに出たお店ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP