体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

子育てに必要なのは“母親の癒し”

子育てに必要なのは“母親の癒し”
 「勉強させるにはどうすればいいの?」「上の子と下の子の仲が悪い」「ひとりっこでわがままに育ってしまわないか心配」……子育ての悩みは尽きないもの。
 そんな悩めるお母さんたちの味方になる一冊が『この「魔法のメガネ」で、子どもの心が見えてくる』(七田厚、澤谷鑛/著、学研パブリッシング/刊)です。

 本書はしちだ・教育研究所の七田厚さんと、カウンセラーの澤谷鑛さんによる共著で、第1部では七田さんによるお悩みQ&A、第2部には澤谷さんによる子育ての悩みをめぐる物語が掲載されており、お母さんたちの子育てについてのモヤモヤを解きほぐしてくれます。
 今回は、共著者の一人である七田さんにインタビューを敢行。後編では七田さんが経験された子育てのエピソードをお話ししていただきました。

■子育てに必要なのは“母親の癒し”

―「叱り方」というところで最近見かけたのが、電車の中で騒ぐ自分の子に、ものすごく大きな声を出して叱る親です。時にはひどい言葉を投げかけていて、叱ることも必要だと思うのですが「そこまで言わなくても…」という気になってしまいました。

七田:注意はもちろん必要ですが、公共の場で大きな声を出すのは慎むべきだと思います。家の中のような2人だけの世界ではないですから。もしどうしても収まらないようならば、次の駅で降りてから叱るとか、そういう配慮も必要です。
逆に叱らない人もいますよね。それも問題なのですが、話を聞いてみると、叱るべきタイミングが分からないという方がいらっしゃるんです。子育てはマニュアルではないから、自分が思ったときに叱るべきなんですけどね。
子どもへの接し方は、自分が親にされてきたことが物差しとなります。親がこうしていたから自分もこうしよう、というのが最も自然な形です。

―子どもへの接し方が、自分の子どもが親になったときの接し方の指針になるわけですね。

七田:そうなんです。だから、親自身も子どもとの接し方を学んでいく、自分で自分を親として育てていくということをしなければいけません。子どもにとっての最大の指導者が自分であると分かったら、自分の至らなさが見えてくるはずです。

―七田さんも3人のお子さんを育てていらっしゃいますが、戸惑ったことはありましたか?

七田:もちろんありました。特に一人目は肩に力が入りすぎるもので、子育ての理想を追求してしまいがちなんです。でも、そう理屈通りに動いてもらえるわけではなく(笑)それまで幼児や小学生の家庭教師をした経験はあったのですが、我が子に教えるということは全く違う難しさがありましたね。どうしても、感情が入ってしまうので…。

―それは親子ならではのコミュニケーションですよね。

七田:我が子だと、そう簡単に冷静にはなれないんですよ(苦笑)

―奥様と子育てについて議論を交わすことはあったのですか?

七田:それは折に触れて話をしていましたね。本にも書いていますが、家内に言われて「なるほど」と思ったことが、両親が一緒に叱らないということです。2人で叱ってしまうと子どもは逃げ場がなくなってしまう。だから、家内は私が叱っているときは叱らないようにして、子どもに助け舟を出したり、逃げ場をつくるように心がけていたそうです。
基本的に七田家では、勉強面では私がイニシアチブを取り、健康面や食事面では家内がイニシアチブを取っていました。どちらでもない分野は、子どもが寝たあとに意見を戦わせていて(笑)一番話したのは携帯電話のことですね。私は容認派なんですが、家内は小中学生に携帯は要らない派なんです。私自身は、我慢させておくと、いざ解禁したときに使い方に歯止めがきかなくなるのではないかと思っていて、それならば親の目が届くうちに使い方を教えて、いざ独り立ちしたときにも自律できるようにしたほうがいいのではないかと考えているんです。
ただ、私の家では上の子と下の子が8歳離れていて、下の子は今、中学3年生なのですが、8年前とかなり状況が変わっているんですよね。上の子が中学生の頃はスマートフォンもLINEもありませんでしたから。

―そういえば愛知県刈谷市では、小中学生の夜9時以降のスマホ使用を禁止するという試みがなされています。

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy