ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

『アナ雪』の「みんなで歌おう」企画が賛否両論 不向きな日本人は「クール」じゃないのか

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
『アナ雪』の「みんなで歌おう」企画が賛否両論 不向きな日本人は「クール」じゃないのか

『アナと雪の女王』の主題歌「Let It Go:レット・イット・ゴー:ありのままで」が大人気。原曲はもとより、日本語版で歌う松たか子やMayJの歌唱力にも称賛が集まっている。サウンドトラックは週間15.3万枚(累計30.0万枚)を売り上げたたほか、”レコチョクアワード 月間最優秀楽曲賞 2014 年4月度”では、松たか子の「レット・イット・ゴー~ありのままで~(日本語歌)」が、「ダウンロード(シングル)」と「着うた」の2部門で首位を獲得したという。一方で、ゴールデンウィーク中に立てられた、観客みんなで歌う企画「Sing Along Version(シング・アロング・バージョン)」には、賛否両論が巻き起こっている。


​「シング・アロング・バージョン」は、全国約90館で上映されたという。歌詞がスクリーンに映しだされ、それを見ながら歌うことで、劇場全体で盛り上がろうという趣旨だ。映画館によっては、事前に一緒に歌う練習などをし、歌う機運を高めるための下準備をしているが、それをしない場所では下準備ができておらず、歌った人が気まずい思いをすることもあったという。

ツイッター上には、歌うつもりで映画館に来たのに、隣の客から「静かに見てもらえませんか?」と注意をされたという報告もある。映画館はチケットを売る段階で「シング・アロング・バージョン」であることは伝えているものの、「シング・アロング・バージョン」なんて突然英語を言われても、誰もがその意味と意図をすぐに理解できるワケではない。

事前に知っている人にとっては良い企画だが、知らなかった人にとっては「煩わしい」と思ってしまうのも仕方がないだろう。どこも満員で、その回しか都合が合わなかった人もいたかもしれない。爆笑問題・太田光はラジオ番組で、歌っている観客に対し、「日本ではそういうの根付かないと思ったが、意外とやってる。気持ち悪くなっちゃったね、日本人」と言い、批判された。しかし、一方で実際に誰一人歌わないスクリーンも多発していたことは事実だ。

このように、同企画に賛否両論があることについて、ブログ「ボン兄タイムス」では、『日本人の「文化的民度」が落ちぶれ、いつまで経っても向上しないという深刻な問題について』というタイトルでエントリーを公開。いわく、

“現代を生きる日本人の文化的なレベルは実は驚くほど低い。礼儀正しく几帳面で誠実な点は世界に誇る民族性なのだが、どいつもこいつも、文化についてはあまりにシラケ過ぎなのである”
“こんな体たらくがいつまでも改善しないくせにクールジャパンを自称していることはあまりにもバカバカしい”

――つまり、この企画について”まあそんなにシラけたりせず、みんなで歌おうぜ”ということであるが、歌う気マンマンでも周囲をみて歌いづらくなってしまうのも、日本人らしい点かもしれない。

【参照リンク】
・『アナと雪の女王』公式サイト
http://www.disney.co.jp/movies/anayuki/ 

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。