ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

オードリー春日 ボディビル大会で魅せた!見事なムキムキ筋肉と真摯な姿勢に評価上昇中

DATE:
  • ガジェット通信を≫

5月4日、お笑いコンビ・オードリーの春日俊彰(35)が、「第22回 東京オープンボディビル選手権」に出場。そこで見せた鍛えあげられた体が、ネット上でおおいに話題になっている。


​春日は高校生時、アメリカンフットボールでオール関東の選抜メンバーに選ばれたほどで、芸人になってからも”筋肉””運動能力”を生かした企画モノは多い。2013年からはボディビル専門誌「IRONMAN」で、春日が同大会を目指す企画「オードリー春日のボディビル挑戦」が組まれ、トレーニングコーチとともに体を作ってきていた。

同誌でおこなわれたカリスマボディビルダー・鈴木雅との対談によると、そもそも春日がボディビル競技に関心をもち、大会に出場しようと思ったきっかけは、自分たちのネタにボディビルダーのコントがあるから。”ボディビルダーがコンビニの店員だったら”といったネタや、ものを持ち上げるときに「フゥーッ」とポーズをとるといったネタについて、「本格的に鍛えたらそのネタももっと面白くなるかな」と思ったという。

鈴木からも、その骨格の良さから「ボディビルダーとしての素質がある」と太鼓判を押された春日は、多忙なスケジュールのうえに食レポも多いなか、ハードなトレーニングを実施。今年3月上旬には体重が85キロだったため、大会までに75キロ級エントリーのために10キロ落とすのは厳しいという判断で、最重量級の「75キロ超級」でエントリー。しかしその後体を絞ったところ、体重を落としすぎてしまい、本番前の計量で73キロ台を計測。慌ててご飯を食べて増量するというハプニングもあった。

大会直前のオールナイトニッポンでは、ムキムキになった体を相方の若林に公開。若林が驚き感心するのを横目に、体毛を”全剃り”したエピソードなどを話し、笑いを誘っていた。

そして大会当日、持ちネタの「トゥース」「鬼瓦」などを取り入れたボディビルを披露し、それを見ていた人たちも目が釘付け。春日が出場することを知らなかった人も多く、ツイッター上には、次々に

「オードリー春日がこっそりボディビルの大会に出ててワロタww」
「後ろで待機してるだけでこのかっこよさ…」
「春日さんキレてる(≧∇≦)」
「鬼瓦をする春日」

などというツイートが投稿された。

結果は同級出場者8人中上位4人に残れず、予選敗退。しかし春日がボディビル大会に出場していたことはその後もネット上で拡散を続けており、

「しかし真面目な人だな、格闘技やれって言われたら
本当にトレーニング積んでリング立ったり、偉いわ」
「思ったよりいい体になっててビックリした」
「減量してちゃんとカット出してるし片手間じゃできんわ」
「春日本気じゃん。
応援するわw 」
「芸能人でそれなりに売れてる人間がボディビルに集中できるわけないw
海外に出るような仕事もしょっちゅうやってるし
相当に制限がある中で体作ったのは素直にほめようぜ」

などと称賛されている。見事な体だけでなく、目標に向かって真摯に取り組んだ姿勢が大きく評価されているようだ。

【参照リンク】
・オードリー春日、ボディビル大会出場(togetter)
http://togetter.com/li/662836 

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP