ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Google、「Google Play開発者サービス v4.4」のリリースを発表、ストリートビューのサポートのほか、ロケーション、ゲームサービス、モバイル広告、ウォレットAPIの機能強化を実施

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Googleは5月8日、AndroidでGoogleサービスを利用するためのコアアプリとなる「Google Play開発者サービス」の新バージョン v4.4のリリースを発表しました。v4.4では、ストリートビューのサポートを行ったGoogleマップの機能強化だけではなく、ロケーション、ゲームサービス、モバイル広告、ウォレットAPIの機能強化も行われています。目玉とされるのは、「Google Maps Android API」でストリートビューをサポートしたことです。これによって、アプリ内にストリートビュー写真を埋め込むことが可能になります。それだけはなく、ストリートビューカメラの風景のズームや回転をプログラムを通じて制御することのほか、アニメーションで再生することも可能とされています。ロケーション関連では、インドアマップでデフォルトのフロアピッカーを非表示にできる機能の追加や、アクティビティの認識機能でランニングとウォーキングを識別できるようになりました。ゲームサービスでは、ギフト機能で複数のプレイヤーへの同時送信をサポート。モバイル広告では、仮想アイテムをアプリ内でプロモーションする機能の追加。ウォレット関連では、サードパーティアプリがGoogleウォレット経由で決済を行なえるボタンを容易に組み込めるWalletFragment APIの追加が行われています。Source : Google



(juggly.cn)記事関連リンク
Xperia Z2 Tablet Wi-Fiモデルの国内予約受付が開始、5月31日に発売予定
Pantech、韓国で新フラッグシップスマートフォン「Vega Iron 2」を正式発表
KDDI、「au 2014 Summer」で2014年夏商戦に向けた新機種・新サービスを発表

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP