ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「声優になるので辞めます!」 店舗配属1週間で辞めた女の子の言い訳

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ゴールデンウィークが終わりましたが、この春入社した新入社員は職場に来ていますか。ツイッターを見ると「連休明け、まさかの新人退職だって」という投稿も見られます。

私が4年ほど勤めた外食産業は離職率トップの業界で、入社3年以内に半数以上が退職すると言われていました。2位は教育・学習支援(私立学校、学習塾など)、3位は生活関連・娯楽(パチンコ、旅行など)だそうです。(ライター:ナイン)

「上京の口実」でしかなかった就職
私が5年前に入社した全国チェーンの居酒屋は、同期入社が300人おり、関東圏だけでも100人近く配属されていました。しかしその後2年ほど経つと、新入社員は50人ほどに減り、関東圏には10人ほどしか配属されなくなりました。

そんな新入社員たちが、1週間の入社研修を終え、私が働く都内店舗の近くに配属されてきました。いつの時代も新人は、何かと話題のネタになるもの。私の職場でも、

「今年の新人には、京大出身の才女がいるらしい」
「あの男の子は、入社すぐに同期と付き合い始めた」

といった噂が流れていました。配属されて1週間。ある日、私が出勤すると、職場は驚きのニュースで持ちきりでした。

「○○店の新卒がもうやめたらしいよ」
「えっ? もう?!」
「そうそう。まだ1週間だってのに」
「そうだよね。何でまた?」
「いや、それがさ、声優になるんだって」

私は一瞬、言葉を失いました。「何それ? どういうこと?」

話によると、辞めた彼女は地方出身者で、元々声優になりたかったのだけれど、親に上京を許されなかったのだとか。そこで「就職する」と言って、家を出てきたのだそうです。

「とりあえず就職を理由に上京して、すぐ辞める気だったらしいよ」

これを聞いたときは、呆れたというか、なんというか、よくわからない気持ちになったことを覚えています。この新卒がその後どうなったかは分かりません。

異動の店長にフリーター「私もついて行く!」
また、厳密には退職ではありませんが、長く勤めていたアルバイトが「辞める」と言い出すこともあります。私が勤めていた店でも、大学を卒業後、アルバイトをしていた店にそのままフリーターとして働いている女の子がいました。

この女の子は、この店の店長と付き合っていました。それ自体は特に珍しいことでもなかったので、私もあまり気にしていませんでした。外食チェーンでは社員同士や、社員とアルバイトの恋愛はよくあることです。

そんな中、この店長が別の店舗の店長に異動することが決まりました。すると同時に、彼と付き合っているこの女の子が「店を辞めたい」と言ってきたのです。何となく察しはつきましたが、私は一応理由を聞きました。

「店長が異動するので、辞めます」

やっぱりそうか、と私は思いましたが、次の言葉は予想していませんでした。

「私も同じ店に行きます」

これぞ公私混同というヤツです。異動先の人たちも「新しい店長が来たと思ったら、彼女までついてきた」となると、正直やりにくかったんじゃないでしょうかね。しかしそこまでした2人ですが、その後なぜかすぐに別れてしまったのだそうです。

人の数だけ退職の理由もある、ということでしょうか。本当に「人生いろいろ」とは、よく言ったものです。

あわせてよみたい:元社員が語る「外食産業」の舞台裏 バックナンバー

【プロフィール】ナイン
北海道在住の20代後半の男性。大学卒業後、居酒屋チェーンWを運営する会社に正社員として入社。都内店舗のスタッフや副店長として約4年間勤務した後、「もう少し発展性のある仕事がしたい」と転職。現場を知る立場から、外食産業を頭ごなしにブラックと批判する声には「違和感がある」という。TwitterFacebookブログ

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
キャリコネの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP