ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

中国 歩歩高(BBK)、カメラ・性能・音質に優れるハイエンドスマートフォン「Vivo Xshot」を発表、前面にもフラッシュを搭載

DATE:
  • ガジェット通信を≫

中国のAV機器メーカー 歩歩高(BBK)が、カメラ性能の優れたAndroidスマートフォン「Vivo Xshot」を正式に発表しました。BBKのスマートフォンは音楽プレイヤーで使用されるようなハイエンドのオーディオチップを搭載した音質の優れる点を大きな特徴としています。今回発表された「Vivo Xshot」はその特徴を持ち、さらに、既存のVivoスマートフォンの中でも最上位と言えるハードウェアを備えるハイエンドモデルです。基本スペックは、5.2インチ1,920×1,080ピクセルの液晶ディスプレイ、Snapdragon 801 MSM8974AC 2.5GHzクアッドコアプロセッサ、3GB RAM/32GB ROM(Micro SD最大128GB)、2,600mAhバッテリー(交換不可)を搭載し、FDD-LTEとTD-LTEにも対応しています。OSはAndroid 4.4(KitKat)です。カメラスペックは、リアに1,300万画素のExmor RS(IMX214)、6層構造のF1.8レンズ(光学手ブレ補正対応)、デュアルLEDフラッシュを搭載。前面にはフルHD動画の撮影も可能な800万画素カメラとLEDフラッシュを搭載しています。Vivo Xshotで使用されたオーディオ関連チップは、Maxim MAX97220ヘッドホンアンプ、Cirrus CS4398 DAC、TI TLV320 ADコンバータです。Vivo XshotにはSnapdragon 800 2.26GHz/2GB RAM/16GB ROMの廉価版もあります。価格は、通常版が3,498元(約56,900円)、廉価版が2,998元(約47.800円)です。Source : Weibo



(juggly.cn)記事関連リンク
KDDI、Samsungのグローバルフラッグシップモデル「Galaxy S5 SCL23」を発表、5月15日に発売
KDDI、2014年夏モデル発表会でHTC Jシリーズの新モデルの発売を予告
KDDI、米国国防総省のMIL規格に準拠したタフネススマートフォン「TORQUE G01」を発表

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP