ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

池袋で連日多くの客を引きつけるお好み焼きの正体は、塩麹を使った「お好麹焼き」

DATE:
  • ガジェット通信を≫


5月2日の「ぴったんこカン・カン」(TBS系、毎週金曜午後7時56分)で、「ウワサの美人弁護士・大淵愛子さんの意外な素顔ツアー!!」と題し、弁護士の大渕愛子さん、安住紳一郎アナウンサーがお好み焼き店「灼楽(しゃくら)」(東京都豊島区)を訪れた。

連日多くの客でにぎわう店内でこぞって注文されるのが、塩麹を生地に混ぜ込んだ「お好麹(このこうじ)焼き」と呼ばれる店オリジナルのお好み焼き。塩麹の効果で食材が軟らかくなり、栄養も豊富に含んでいるという。そして2人が注文したのは「お好麹焼き 肉づくし」で、牛ランプ、黒豚バラ肉、牛すじ煮込みの3種類が入っている一品だ。

苦戦しながらも自ら具材を鉄板で焼き、出来上がったお好麹焼きを口にした大淵さんは「すごくおいしい!! 塩辛くないのに味がしっかりついている」と絶賛。「お好み焼き、上手に焼けるんですからこれからは(自分で)焼いてくださいね」と安住アナウンサーに念押しされ「これを機にホットプレートを買って、お好み焼きは自分で焼きます」と語った。

(テレビに出たお店ニュース)記事関連リンク
ニュースのお店を見る:お好み焼きと鉄板 灼楽(しゃくら) (ぐるなび)のお店紹介
周辺のお店を見る:池袋のお店紹介
同じジャンルのお店を見る:和食のお店紹介
ぐるなび検索:池袋×和食のお店一覧
渡辺正行さんらが日本海の新鮮な海の幸を堪能!!

テレビに出たお店ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP