ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

京都サンガ、珍フリーキックで見事ゴール! 解説者も絶賛、動画が大人気「これは画期的」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

5月6日におこなわれた横浜FC対京都サンガF.C.の試合で、”とんでもないおもしろフリーキック”が誕生したとして、話題になっている。

前半45分、京都サンガはペナルティエリア内で間接フリーキックを獲得。そして京都サンガの選手たちがとった作戦は、一列にならび、誰が蹴るかわからないようにしてフリーキックを放つというものだった。誰がボールに触るかわからないため、横浜FCの選手たちも前に出られない。結果、見事に5番目に並んでいた石櫃 洋祐選手が見事シュートを決めたのだ。

この動画は1日で80万を超える勢いの人気で、解説者も「非常にいいプレーですね、これは」「この位置でこの作戦は、非常に有効」などと絶賛している。

【動画】http://youtu.be/DBLGFgJNPkk

ネット上では、

「ありなのか」
「サーカスかよワロタ」
「なんでこんなプレイなんだと思ったら間接フリーキックなのか」
「楽しそうだなw」
「小学生のころやったぞこれw」
「これは画期的だなw」
「わろたww」
「ゴレンジャーのキメ技みたいだな」

と、まさかの珍プレーに驚く人が続出。なかには

「さすが日本人
フリーキックでもきちんと行列を作る」

なんていう声もあったが、その頭脳プレーには脱帽した人が多かったようだ。

【参照リンク】
・<珍プレー>京都サンガがアッと驚く行列フリーキックでゴール
https://www.youtube.com/watch?v=DBLGFgJNPkk 

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP