ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

新入社員は覚えておきたい 上司への提出資料は「6~7割の完成度」「素早く雑」でOK

DATE:
  • ガジェット通信を≫

4月から新入社員として仕事に就くようになった皆さん、5月もはりきっていますか? 転職や転勤で職場が変わった人も多いのではないでしょうか。何かと環境の変化が多いこの季節。そんな時に、新入社員にとっては覚えておきたいこと、そして、転職・転勤者には思い出したいことの一つに”Quick&Dirty”という言葉があります。

実は、この言葉、「素早くて雑」という意味になります。

この言葉をしっかりと受け止めて仕事すべきだと語るのは、書籍『起業家のように企業で働く』の著者・小杉俊哉氏です。仕事には「完成度」と共に重要な「時間」というものがあります。どちらも追い求めたいものです。ですが、よく考えてみてください。例えば、上司からの資料作成の指示、最高のもの仕上げたとしても期日を過ぎていると、全くの意味をなしません。あなたの評価は一気に下がるでしょう。

しかし、6~7割の仕上がりで、期日前に作り上げ提出した場合、上司はこれをどう受け止めるでしょうか。小杉氏はこう説明します。

「一般に上司は、判断するための情報が欲しいので、必ずしも完璧なものを求めているのではなく、要点や傾向が分かればいい、ということが多い。その6~7割の完成度で十分すぎる場合も多いのだ。もし、詳細なデータ、裏付けが欲しければ、『よし、要点は分かった。あとは明後日までに裏付けを取っておいてくれ』と指示するだろう。そのような場合、上司の君への信頼感は非常に高くなり、評価されることになる」(小杉氏)

上司の狙いを察する限り、6~7割とわりと”雑”な仕上がりであっても、早めに提出するのが、あなたの評価にとっても、会社にとっても良いことだと言えるのです。早めの提出は修正時間の確保にも結びつきます。ですので、逆に時間をかけるのであれば、最高に完成された資料の提出が求められてしまうでしょう。もし、そんな自信がないと言うならば、早めの提出が吉なのです。

また、小杉氏は、この”Quick&Dirty”をお礼の場でも採用すべきといいます。人にお世話になったり、ご馳走してもらったりした場合は、その日か、遅くても翌日にはお礼を届けた方がベター。時間が経ってしまうと、お礼に加えてお詫びも書く必要が出てきます。やはり、ここでも早めのお礼が吉となるのです。

何事も、最高で最速でできれば良いですが、迷った時に優先すべきは……もう、わかりますよね?

【書籍データ】
・『起業家のように企業で働く』小杉俊哉著 クロスメディア・パブリッシング

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP