ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Sony Mobileが「Sony Add-on SDK 3.0」をリリース、SmartWatch 2アプリがLow powerモードで動作可能に、スモールアプリの対応機能も拡大される

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Sony Mobileは5月6日、Xperiaスマートフォン・タブレットやアクセサリー向けアプリの開発で必要となるソフトウェア開発キット「Sony Add-on SDK」の新バージョン3.0をDeveloper Worldでリリースしたと発表しました。「Sony Add-on SDK 3.0」では、SmartWatch 2アプリとスモールアプリの機能を拡張する新APIの追加が目玉となっているそうです。SmartWatch 2用アプリでは、ウォッチフェイスの自作とカスタマイズを可能にする機能の追加(既に提供されています)に加えて、バッテリー消費の低い”low power mode”でアプリを動作させることも可能になりました。スリープ中にはウォッチフェイスがモノクロ表示になりますが、サードパーティアプリがフォアグランドで稼働している場合にSmartWatch 2が”low power mode”に移行しても、画面上にアプリUIが表示されるようになるということです。スモールアプリではやれることが増えました。例えば、動画ストリーミングアプリをスモールアプリとして起動させることとかです。スモールアプリで動画を視聴しつつ、WEBブラウザでWEBページを閲覧することも可能になります。また、スモールアプリのウィンドウの外観(背景、テーマ、レイアウト)を開発者側でカスタマイズできるようにもなりました。Source : Sony Mobile



(juggly.cn)記事関連リンク
Android版「OneDrive」がv2.5にアップデート、ファイル/フォルダ管理機能と共有機能が強化される
Sony Mobile、明日5月8日に韓国で「Xperia Z2」と「SmartBand SWR10」の発表イベントを開催
Sony、NFCワンタッチ接続に対応したポータブルワイヤレススピーカーの新モデル「SRS-X1」と「SRS-X2」を発表

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP