ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

OPPOがインドネシアで4.7インチスマートフォン「OPPO Yoyo」を発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫

OPPO Yoyo ブラックカラーもあります

中国のスマートフォンメーカー OPPOがインドネシアで4.7インチ画面の新形スマートフォン「OPPO Yoyo」を発表しました。OPPO Yoyoは、4.7インチ960×540ピクセルのIPS液晶ディスプレイとMediaTek MT6582 1.3GHzクアッドコアプロセッサを搭載したデュアルSIM対応モデルです。GSM+GSMまたはGSM+WCDMAの構成で2回線の同時待受が可能になっています。通信方式はGSM/GPRS/EDGEとWCDMA/HSPA+に対応しています。ファームウェアはColor OS v1.2。「HotKnot」と呼ばれるWi-Fi Directを活用したファイル転送機能やスリープ状態から様々な機能をダイレクトに呼び出せるジェスチャー機能、Androidアプリのパーミッション管理機能を搭載するほか、同社のクラウドサービス O-Cloudにも対応しています。メモリは1GB RAMと4GB ROMを搭載(Micro SD対応)。カメラは背面に500万画素と前面に200万画素を搭載。ワイヤレス通信機能はWi-Fi b/g/n、Bluetooth v4.0、GPSなどに対応しています。バッテリー容量は1,900mAhです。OPPO Yoyoの発売スケジュールはまだ公開されていませんが、価格は2,999ルピア(約33,800円)と案内されています。Source : OPPO



(juggly.cn)記事関連リンク
Google GlassにXE17アップデートの配信が開始
Android版「Googleマップ」の新バージョン(8.0.0)がリリース、Googleマップナビ / 経路検索 / オフライン地図 / クチコミ機能が改善
小米科技のAndroidタブレット(MiPad)とされる端末のマザーボード写真が流出

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP