体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Goldgenieが24金バージョンの「HTC One(M8)」を発売、お値段はなんと$2,560(約261,000円)~

HTC One M8 24金バージョン。プラチナやローズゴールドもあり。お値段は26万~。

iPhoneやiPadの24金モデルなどで知られる英Goldgenieが、今度は24金のメッキ処理を施した「HTC One(M8)」を米国で発売しました。お値段はなんと$2,560(約261,000円)~です。GoldgenieはHTC One(M7)やHTC One miniの24金バージョンも手がけており、今回は、SIMロックフリー版のHTC One(M8)の16GBモデルをベースに、24金メッキを施すなどして、メタルボディのHTC One(M8)がさらに高級感のある感じにカスタマイズされています。ゴールドバージョンのラインアップは通常のゴールド、プラチナ、ローズゴールドの3種類。価格は、通常版が$2,560(約261,000円)、ローズゴールドが$2,695(約275,000円)、プラチナが$2,830(約289,000円)です。豪華なのは本体だけではありません。チェリーオーク材を使用した特別仕様の製品BOXに収納されて届けられます。Source : Goldgenie



(juggly.cn)記事関連リンク
小米科技のAndroidタブレット(MiPad)とされる端末のマザーボード写真が流出
Sony Mobileが「Sony Add-on SDK 3.0」をリリース、SmartWatch 2アプリがLow powerモードで動作可能に、スモールアプリの対応機能も拡大される
Paranoid Android 4.3 Beta 3がリリース、通知やアプリ起動履歴からアプリUIのオーバーレイ表示が可能に

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。