ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

セックスがうまくいかない人に贈る3つの名言

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


 全人類の共通の問題、セックス。セックスが上手くいかないと悩んだ経験は、大人であればだれしも一度はあるはずです。
 そんな「セックス」や「モテ」についてあますところなく語っているのが、『すべてはモテるためである』(二村ヒトシ/著、イースト・プレス/刊)。著者はAV監督で知られる二村ヒトシさんです。
 ここではセックスに悩みを抱えている人のために、本書から抜粋して、名言を3つ紹介したいと思います。

■「キモチイイことを、キモチワルイ相手とするな。」
 本書の解説の中で上野千鶴子さんが述べている言葉です。この言葉の後には「援交こと援助交際の女の子に言ってやれるセリフは、これに尽きます」と続きます。
 セックスは本質的に「キモチイイ」ことのはず。それなのにセックスが「キモチワルイ」のは、もしかしたら「キモチワルイ」相手とセックスしているからかもしれません。
 「キモチワル」くないのは、著者いわく「かんじのいいバカ」と「考えられる人だが、臆病すぎない人」の二種類だけ。
 セックスをする・しないを、学歴、職業、収入、外見などから決めるのではなく、「キモチワルくない」「キモチワルイ」かで決めるようにすれば、あなたのセックスは格段に「キモチイイ」ものになるはずです。

■「セックスにも訓練が必要だ。」
 『暇と退屈の論理学』の著者であり、哲学者である國分功一郎さんは、著者との対談の中で、なにごとも「楽しむためには訓練が必要」で、「性的な楽しみ、たとえばその一例であるセックスですら、訓練が必要である」と語っています。
 一般的には、女性が自慰をすることや、男性が風俗に行くことを「けしからん!」と思う人は多いもの。
 でも、「愛」や「恋」や「生き方」、そして「セックス」についても、訓練し、学びとっていこうという姿勢は、必ずやより充実した生活をもたらしてくれるはずです。

■「セックスしているときは相手の目を見よう、相手の名前を呼ぼう。」
 この言葉は本書の最後に、著者が尊敬しているAV監督・代々木忠監督の言葉として引用しているもの。
 著者は、「女性を口説くこと」や「まだ(自分と)セックスしていない、なるべくエッチそうな女性とセックスしてみること」や「してみて相性の良かった相手と、さらにセックスすること」が非常に好きで、それが高じてAV男優になり、最終的にAV監督になったと本書の中で告白しています。
 そんな著者だからこそ、良いセックスには良いコミュニケーションが必須だということに気付いたのかもしれません。

 いかがでしたか?
 簡単なようで難しい“セックス”。
 でも、ちょっと意識を変えてみるだけで、あなたのセックスは間違いなく変化するはずです。
 本書を参考に、素敵なセックスライフを送ってくださいね。
(新刊JP編集部)



(新刊JP)記事関連リンク
イマドキの女性はどんなセックスをしているのか?
「セックス」で満たされない女性のための3つの改善策
男性が陥りがちなセックスの“誤解”

カテゴリー : エンタメ タグ :
新刊JPの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://www.sinkan.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP