ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

居酒屋では男女の心が裸になる・・・「居酒屋の達人」がオススメする居酒屋とは?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

居酒屋では男女の心が裸になる・・・「居酒屋の達人」がオススメする居酒屋とは?

イギリスにはパブがあるように、フランスにはカフェがあります。また、ドイツにはビアホール、イタリアにはバール、スペインにはバル、アメリカにはスナックバー……、世界を見渡すと、それぞれ気軽に足を運べる酒場文化があります。

では、日本はというと、”赤提灯が目印となる居酒屋”が、それに近しい文化になるのではないでしょうか。赤提灯系の居酒屋はレストランとは違い、一人でも気軽に入ることができて、料金も良心的。予約もいらないし、個室もありません。

そんな居酒屋は「銭湯に似ている」と語るのは、居酒屋・旅関連の著書を多数出し、”居酒屋の達人”とも呼ばれる太田和彦氏。書籍『男と女の居酒屋作法』の中で、居酒屋の魅力を銭湯に例えています。

「大勢でも一人でも気楽に入れ、予約もいらない。個室や会員制があったらそれは特殊なお風呂だ。人はそこで裸になり、身体のアカを落としてさっぱりする。同様に、居酒屋では精神のアカを落としてさっぱりする。

銭湯では肉体的に裸になる、居酒屋では精神的に裸になる。男女が互いに風呂で裸になるのは簡単ではないが、居酒屋は男も女も一緒に裸になれるところがいい。したがって銭湯に服のまま入ればヘンであるように、居酒屋でいつまでも心を裸にしないのはヘンだ、となる」(『男と女の居酒屋作法』より)

道理で赤提灯系の居酒屋に行くと楽しくなるわけです。私たちは居酒屋で心を裸にして本音で会話を楽しんでいたのです。

太田氏がおすすめする東京の赤提灯系の居酒屋は下記の通り(同書より一部抜粋)。

十条「斎藤酒場」、湯島「シンスケ」、根岸「鍵屋」、恵比寿「さいき」、新宿「池林房」、中野「第二力酒場」、築地「魚竹」など。どこも人・店・味と個性豊かなお店ばかりです。この連休、何もすることがないという人は、銭湯で「体のアカ」を落とし、その足で赤提灯系の居酒屋に向かって「心のアカ」を落としてみてはいかがでしょう。日本を代表する文化でもある「居酒屋」で、新しい出会いが待っているかもしれません。

【photo】
(C)Focus Features 映画「ワールズ・エンド 酔っぱらいが世界を救う!」大ヒット上映中 

【書籍データ】
・『男と女の居酒屋作法』太田和彦著 角川書店

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。