ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Paranoid Androidの通知機能「Peek」が個別アプリになって登場

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Androidの通知をMoto XのActive Display機能のように表示するParanoid Androidの「Peek」機能が個別アプリとなって同カスタムROMを搭載しない端末でも利用できるようになりました。Peekは、端末がスリープ中にメッセージなどの通知を受信した際に、端末を持ったりするだけで(わずかに動かすだけ)通知をロック画面上に表示して知らせる通知機能です。この機能は端末をポケットに入れている場合やテーブルに置いている場合でも手に持った時にすぐに通知を確認できるというメリットがあります。通知のアイコンをタップしてスワイプするとロックが解除されて該当のアプリが起動するので、メールの確認や返信などの操作を即座に実行することができます。Peekがapkファイルになったことで、Android 4.4以上を搭載した端末でこの機能を利用できるようになりました。アプリ提供者さんはNexus 5のみでテストしており、他の機種で正常に動作するのかどうかは確認していないと述べています。Source : Google+(APKファイル)



(juggly.cn)記事関連リンク
Sony Mobileが「Bluetooth Remote with Handset Function BRH10」のコンパニオンアプリをリリース
Galaxy Note 3 Neoにレッドとピンクの新色追加
米Sprint、京セラの防水・防塵スマートフォン新モデル「Hydro Vibe」を発表、LTEやワイヤレス充電にも対応したミッドレンジスマートフォン

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP