体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

スリープ状態からダイレクトに画面ロックを解除したり、アプリを起動できる有機EL端末用のAndroidアプリ「Knockr」がリリース、HTC One(M8)のMotion Launchジェスチャーを他の機種で再現できる

スリープ状態からダイレクトに画面ロックを解除したり、アプリを起動できるHTC One(M8)の「Motion Launchジェスチャー」を模したAndroidアプリ「Knockr」がGoogle Playストアにリリースされました。Knockrは、端末がスリープ中に画面のダブルタップ、スワイプアップ、スワイプダウン、スワイプライト、スワイプレフト、ロングタップのタッチジェスチャーに画面の点灯、ロック画面の解除、さらに、インストール済みアプリの起動というアクションを設定できるアプリです。ジェスチャーに設定するアクションはカスタマイズできるので、本家よりも高機能です。しかし、応答速度や精度の面では、本家のほうに分があります。

KnockrはGalaxy SシリーズやMoto Xなどの有機EL(OLED)ディスプレイを搭載した端末用として開発されています。それは、スリープ中でもジェスチャー操作を受付られるようタッチパネルに背景が黒のUIを表示するからで、有機ELディスプレイの場合、黒はピクセルがOFFになるので電力は消費しませんが、液晶ディスプレイの場合は、バックライトがONになるので、有機ELディスプレイよりも消費電力が増えます(アプリは機能します)。「Knockr



(juggly.cn)記事関連リンク
米Sprint、京セラの防水・防塵スマートフォン新モデル「Hydro Vibe」を発表、LTEやワイヤレス充電にも対応したミッドレンジスマートフォン
Xperia E1 dual(D210X)」に「20.0.B.0.84」へのアップデートの配信が開始
Google Nowにネットで検索した商品をお店の近くにいるとNowカードで表示する新機能が追加

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。