ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

CyanogenMod 11 M6ビルドがリリース

DATE:
  • ガジェット通信を≫

CyanogenModの開発チームが5月4日付けでCyanogenMod 11 Mシリーズの新ビルド「M6」をリリースしました。Mシリーズビルドは一か月に一度、その時点までに実装されたROMの機能をスナップショットとして提供しているCyanogenModの開発版です。日次で提供されるNightlyビルドよりもバグは少なく、安定性も高められているので、常用レベルには達していると思いますが、機能面はNigltlyビルドとさほど変わりません。M5からの主な変更内容としては、日本語への対応化、QuickSettingsパネルにおけるQuiet Hoursの長タップバグの修正、Voice+のシステム統合、Blacklistへのプロバイダーパーミッション追加、QuickSettingsパネルの小型表示対応、Theme Engineの刷新、フレームワークにおけるメモリリークの修正、Trebuchetのアプリ非表示化オプション追加などです。主に修正がメインとなっています。CyanogenoMod 11 M6は、CMサーバや内蔵のアップデート機能、ROM Managerよりダウンロードできます。Source : CyanogenModCMサーバ



(juggly.cn)記事関連リンク
Galaxy K Zoomのドイツにおけるメーカー希望小売価格は€519(約73,500円)
HTC Dot viewケースは音楽を操作したり、テトリスで遊ぶことも可能
Xperia L用のCyanogenMod 11がFree Xperia Projectからリリース

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP