ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

「セブン」を超える衝撃!『プリズナーズ』の映画史に残るトラウマシーンを直視できるか?

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
「セブン」を超える衝撃!『プリズナーズ』の映画史に残るトラウマシーンを直視できるか?

あの『セブン』を超える衝撃!!!と話題のダークすぎるサスペンス『プリズナーズ』が、ゴールデンウィークまっただ中の5月3日より爽やかに全国公開となったわけだが、本作で、ある若手俳優が、映画史に残るトラウマ級の物凄い顔面崩壊ぶりを晒している。

ひと目見ただけで絶句必至、誰もが目を背けるだろうそんな顔を晒してくれているのは、若き実力派ポール・ダノ(29)。
17歳で映画デビュー、『リトル・ミス・サンシャイン』(06)の根暗な長男役や、アカデミー受賞作『ゼア・ウィル・ビー・ブラッド』(07)のポール/イーライ役で注目を集め、後者の作品では英国アカデミー賞助演男優賞にノミネートされたほど。

そんな彼が本作で演じているのが、少女誘拐犯の疑いをかけられる、得体の知れない若者アレックスだ。

今回の役柄では主人公ケラー(ヒュー・ジャックマン)の拷問によって、醜いまでに顔が膨れ上がり、ふだんの”文系イケメン俳優”としての地位が危ぶまれる体当たりを見せているポール。先般行われた一般試写会でのアンケートでも、多くの来場者がダブル主演のヒュー・ジャックマンとジェイク・ギレンホールではなく、ポール・ダノの不気味さに触れており、助演ながら圧倒的な存在感を示している。

そんな不審すぎ&不気味すぎなポール・ダノの怪演は、既に公開中の特別動画で垣間見ることができるので是非映画を鑑賞する前にチェックしてみてはいかがだろうか。

【動画】http://youtu.be/PB8xlVQtqSQ

かつてのケヴィン・スペイシーや故フィリップ・シーモア・ホフマンを彷彿とさせる若き怪優ポール・ダノ。これからますます目が離せなさそうだ。

『プリズナーズ』は5月3日(土)新宿ピカデリー丸の内ピカデリーほか大ヒット上映中

【参照リンク】
・『プリズナーズ』公式サイト
http://prisoners.jp/ 

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。