ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ブルーライト軽減フィルター : ディスプレイから発せられる”ブルーライト”を簡単操作でフィルタリングしてくれる無料のAndroidアプリ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

スマートフォンやタブレットの急速な普及によってディスプレイから発せられる”ブルーライト”の目への影響が取り沙汰されるようになり、最近では、それをカットして目への負担を軽減するメガネや液晶フィルムが急増しています。今回紹介するのは、その”ブルーライト”をアプリでカットして軽減してくれる「ブルーライト軽減フィルター」です。このアプリは、広告が付くものの無料で利用できます(広告が付くといっても画面上に度々表示され、操作を邪魔するようなことはしません)。ブルーライトは、可視光線の中でも波長が紫外線に近いくらい短い光のことで、緑や赤などの波長の長い光に比べて高いエネルギー(光子エネルギー)を持っています。可視光は、光の強さ、物の色や形状を識別する網膜に到達します。ブルーライトは他の可視光の中でも人に視界の”チラつき”や”眩しさ”を感じさせ、それが目の疲労につながると言われています。そんなブルーライトをアプリでフィルタリングすることで目への負担を軽減しようというのが今回紹介する「ブルーライト軽減フィルター」です。「ブルーライト軽減フィルター」の使用方法は、アプリを起動して「有効にしてブルーライトを軽減する」をタップするだけ。ブルーライトカット率もスライダーで0%~80%の間で選択できるようになっています。カット率を高めるとその分画面の明るさや色合いも劣化するので、表示とのバランスを考えてあまり高くしない方がよいでしょう。私は医者や研究者ではないので、アプリによる効果を医学的な見地で断定的に言うことはできませんが、実際に使ってみて、画面の眩しさがやわらぐことは体感しています。眩しさが軽減されると、目が”チカチカ”、”しばしば”することが減るので、そういった効果を望んでいる方はアプリを試してみることをおすすめします。「ブルーライト軽減フィルター」(Google Playストア)



(juggly.cn)記事関連リンク
HTC One(M8)の時刻や通知などをドット柄で表示する専用ケース「HTC Dot View」を入手
Sony Mobile、Xperia Z2 Tabletに「17.1.A.2.69」ビルドへのアップデートを配信開始
Nexus 8は64bitプロセッサとAndroid 4.5"Lollipop"(?)を搭載して7月に登場するとの噂

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP