ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Android版「Googleドライブ」がv1.3にアップデート、ドキュメントの閲覧・編集機能が個別アプリに継承され、ストレージの管理に特化した内容に刷新

DATE:
  • ガジェット通信を≫

GoogleがAndroid版「Googleドライブ」の新バージョンv1.3の配信を開始しました。v1.3では、先日の「Googleドキュメント」と「Googleスプレッドシート」のリリースによってドキュメントの閲覧・編集機能が個別アプリに継承され、Googleドライブはストレージの管理機能に特化した内容に変更されました。アプリの機能がサービス名に沿ったものになったというわけです。v1.3でドキュメントファイルをタップすると、その拡張子をサポートした別のアプリが起動するようになり、ワードや文書ファイルの場合は「Googleドキュメント」で、エクセルやスプレッドシートの場合は「Googleスプレッドシート」で開かれるようになります。編集も個別アプリで行います。他には、アプリの「設定」「フィードバック」「ヘルプ」がスライドメニューバーに移り、オーバーフローメニューの内容がスッキリとしたものになりました。また、ファイル作成時の「アップロード」「作成」「スキャン」がアプリの下部に独立したボタンとして実装され、どの画面からでもそれらの操作を実行できるようになりました。「Googleドライブ」(Google Playストア)



(juggly.cn)記事関連リンク
「LG G3」ブラックとホワイトのプレス画像が流出
SIMロックフリー版「Xperia Z1」と「Xperia Z Ultra」が米国で大幅値下げ
HP未発表の小型タブレットの画像が流出

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP