ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Xperia Z2用カスタムカーネル「DooMKernel」が公開

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Xperia Z2初のカスタムカーネル「DooMKernel」がXDA Developersで公開されました。DooMKernelはClockworkModとTWRPのカスタムリカバリ付きのカスタムカーネルで、主にパフォーマンスチューニング・最適化、カーネルオプションの追加サポート、ドライバのアップデートなどが行われています。現行バージョンのv02ではCPU/GPUのオーバークロックはサポートされていません。主な改変内容は、カーネルレベルでのCPUクロック調節(最小300MHz、最大2.26GHzの固定)のサポート、新CPUガバナ「Intelli-active」の追加、GCC 4.8.3 Linaroツールチェインでの最適化、NTFS R/Wのサポート追加、新I/Oスケジューラ(BFQ、SIO、FIOPS)の追加、CPUFREQドライバの修正、LZOドライバのアップデート、LZ4ドライバの追加、intelli-thermalオプションの追加、init.dの起動スクリプトのサポート追加といったことです。カーネルは「17.1.A.2.69」用のものをベースにビルドされています。導入方法は「17.1.A.2.69」を搭載したブートローダーアンロック済みXperia Z2に「Z2-DooMKernel-v02.img」をFastbootコマンドを利用してインストールするだけです。root化は行わないので、rootアプリを利用したい場合はこちらの記事を参考にしてSuperSU.zipをリカバリモードから導入してください。Source : XDA Developers



(juggly.cn)記事関連リンク
ブルーライト軽減フィルター : ディスプレイから発せられる"ブルーライト"を簡単操作でフィルタリングしてくれる無料のAndroidアプリ
ASUSは「Padfone 6」を開発中? 「ASUS PF-06 Mobile Dock」がFCCの認証を取得
「VAIO」をモチーフにしたXperia用の新テーマパックが公開

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP