ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

英語の商談で日本人は主語を「You」にしがちなため失敗する

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 英語で誰かに何かをして欲しい時、命令文の冒頭に「Please」を付ければ丁寧になると思っている人は多いのではないか。ところが、そうした学校で習った言い方はネイティブにとっては上から目線で命令された印象になるという。

 新刊『大前研一の今日から使える英語』(小学館)を監修した経営コンサルタント・大前研一氏は「『You』ではなく『I』を主語にして自分の希望を語り、決めるプロセスに相手を参加させればうまくコミュニケーションできる」と指摘する。以下、大前氏がビジネスの現場での英語表現について解説する。

 * * *
 さほど親しくない相手に英語で「それはやめてくれ」と言いたい場合、どんな表現をすればいいか? 学校で習ったように和文英訳して「Stop it」なんて言ったら、たぶん相手は「お前にそんなふうに命令される筋合いはない」と怒って喧嘩になるだろう。「Don’t do it」と言っても相手は傷つく。丁寧な言い方にしようとしてpleaseを付け加えても同じことだ。

 私が考える最も好ましい表現は「I wouldn’t do it」。「私があなたの立場だったら、やらないと思いますけれど……」という婉曲的なニュアンスを含んだ言い方だ。余談になるが、女性が男性の誘いを断わる時も、ストレートに「Don’t do it」と言ったら男性は傷つく。この場合は「Not today」(今日はダメ)とやんわりかわす。それが男性のプライドを慮(おもんぱか)った“正しい断わり方”なのだ。

 また、「このレポートを水曜日までに提出してほしい」と部下に指示する時も和文英訳で「Please turn in this report by Wednesday」という言い方をする人が多いと思う。これもグローバルビジネスの現場では上から目線の命令口調に聞こえてしまう。こんな場合は「If it’s possible, I would like to see this report by Wednesday」と、やはり「I」を主語にして「できれば、私はこのリポートを水曜日までに見たいんだけれど」という遠回しの言い方をすべきである。

 そうすると相手は一方的に命令されたとは感じないから、異論を差し挟む余地が生まれる。「この人は水曜日までに見たいと言っているが、見せるかどうかは自分で判断できるな」と思うわけだ。そして「目いっぱい急いでも金曜日までかかります。金曜日ではダメですか?」などと相手は自分の都合を説明できるので、会話がつながっていく。

 ただし、相手の言うままに決めさせてはいけないケースも多いから、次に「では、最終的なものは金曜日でいいけれど、この数字だけはどうしても水曜日までに必要なんです」と言えば、相手はそれに応じると思う。

 つまり自分が一方的に命令するのではなく、決めるプロセスに相手を参加させること、すなわちパートナーとして「相談」することが英語表現のポイントなのである。

 しかし、和文英訳の英語ではそういう表現は出てこない。たいがい主語を「I」ではなく「You」にした直截的な言い方になる。だから、日本人は英語での交渉や商談で相手を怒らせたり気分を害したりして失敗するケースが多いのだ。

※『大前研一の今日から使える英語』(小学館)より



(NEWSポストセブン)記事関連リンク
「英語はYESNOはっきり」は誤り 実は空気読む能力が必要
「つまらないもの…」等日本特有言い回しの英語表現満載の書
外国企業との交渉失敗する人は英語がうまい人が多いと大前氏

NEWSポストセブン
NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP