ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

秋葉原に新たにアイドルと会える場所が登場 アイドルがカッコよくしてくれるお店

DATE:
  • ガジェット通信を≫

時はアイドル戦国時代!秋葉原の街では日々、多くのアイドル達がライブ、撮影会、握手会など、ファンとの交流の場をもっている。

そして、また新たにアイドルと会える場所が登場した。その名も「セフィロティック・ツリー」。しかも、ココはなんと洋服屋さん!アイドルが日替わりで接客してくれる。
憧れのアイドルが自分のためだけに洋服を選んでくれてかっこ良くしてくれるのだ。
そう。自分自身がアイドル色に染まれてしまうステキな空間なのだ!

本日の店員、グラビアアイドルの木嶋のりこちゃん(http://ameblo.jp/noriko-kijima/)と、ダイオウグソクムシ大好きアイドル原田真緒ちゃん(http://ameblo.jp/haradan0805/)にインタビューしたのでお届けしよう。

―どんな男の人に来て欲しいですか?
木島:モテたいと思っている人をかっこ良くしたい。
原田:普段、オシャレにあまり興味の無い人にファッションの楽しさを知って欲しい。

―コーディネイトをする時に一番心がけていることは?
木嶋:自分が選んだ服で着る人がハッピーになれるかどうかです。
原田:デートとかで隣を歩きたくなるくらいかっこいいスタイル。

―秋葉原にいるオタクっぽいファッションの人はどうおもいますか?
木嶋:あと1つ足すだけでオシャレになるのにもったいない!だからそのアイテムを一緒に選びたいと思います。
原田:チェックシャツ率が高い。同じチェックでも、お店にある、おしゃれチェックシャツを着てもらいたい。

―コーデをしてあげたお客さんから言われて嬉しいかったこととかありますか?
木島:デートしているみたいで楽しい!って言われると私も嬉しいです。
原田:このお店で買った服で、初めて女の子と二人きりでデートができた!って言われたときかなー。

―このお店はあなたにとってどんな場所ですか?
木嶋:服を選びながらお互いの事がもっと知り合える大好きな空間。
原田:みんなを私好みにできる場所です!

―夏のイチオシアイテムは?
木嶋:グラデーションアイテム。
原田:ピンクのシャツやピンクのTシャツ。

―今後、来てくれるみんなに一言
木嶋:私好みの服をすすめるのもあるけどそのひとにあったものをオススメしますよ!
なので似合う似合わないはズバっといいますからね!笑
原田:私がすすめたっていう鑑定書(チェキ)を撮るから気が抜けません!
このおしゃれな服、秋葉原で買ったの?っていわれるような、自信にあふれるものをオススメします。

―最後に店長さんより
アイドルのファンはもちろん、アイドルが店員とは知らずお客様や女性のお客様もいらっしゃいます。値段もセレクトなのでリーズナブルなものからブランドものなど幅広いです。是非、入らして下さい!

とのこと!

アイドルに洋服を選んでもらえるファンサービスの究極の形ともいえるお店「セフィロティック・ツリー」、秋葉原に来たら要チェックだ!

【参照リンク】
・セフィロティック・ツリー
http://sephirothictree.com/ 

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP