体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ギャル雑誌がまた消える・・・!?今度は「egg」休刊の噂とギャル文化の今後

ギャル雑誌がまた消える・・・!?今度は「egg」休刊の噂とギャル文化の今後

「nuts」「小悪魔ageha」を出版していたインフォレストの突然の倒産で騒然としているギャル雑誌業界。そこに、第二の余波が。元祖ギャル雑誌として有名な「egg」エッグが休刊するらしい。

この話題は、eggの読者モデルのツイッターや元メンズeggモデルの植竹拓氏(http://ameblo.jp/peace-on-mars/entry-11828515749.html)のブログで語られている。氏のブログによると、

「知っている人も多いと思うけど、ギャル雑誌の金字塔[ egg ]が5月31日をもって休刊する。」

とのことである。

ガングロなどギャル文化を牽引したeggの休刊。ギャル文化はどうなるのであろうか?
ということで、お馴染みの渋谷若者文化に詳しい元メンズナックル編集長の篠塚さんに真相を聞いてみた。

いつもは明快な答えを頂ける篠塚氏も今回の話題は言葉が重かった。

―egg休刊というのは本当なのですか?

という噂があるのは知っています。ただ、出版社に直接聞いた話ではないので僕が知っているのはあくまで噂という話です。

―昨今、ギャル雑誌の休刊が相次いでいますが、そこはどう考えていますか?そもそもギャルとはいったいなんなんでしょうか?

この質問に篠塚氏から、ギャルの歴史から今後という丁寧なお答えを頂いた。

■渋谷からギャルが消えた
若者文化の発信地、渋谷には、以前ほどの分かりやすいギャルとギャル男がいなくなった。昔はファッションを一目みたらこの子が何の雑誌を読んでいるかが一目瞭然だった。それくらい個性的で目立っていたし、そういう若者を”面”として認識することができた。しかし、今の渋谷はみんながバラバラで何を参考にしているかも分かりにくい状態になっている。よく見れば、こんな雑誌を参考にしているのだろーってのはわかるけれども、それは”面”ではなく”点”として認識できるくらいのレベルになってしまった。
それには色々な理由があるとは思うのだけども、今の渋谷には昔ほどの個性は無くなり流行の発信地としての力が弱くなっている気がする。

2006年くらいの渋谷はギャルとギャル男たちのパワーに溢れていた。センター街(現バスケットボールストリート)には至る所に金髪の若者が座り込み、ダべっていた。週末ともなればギャルサーが集団でパラパラの練習をしていたり、まさに渋谷はギャル文化の発信地だった。良い悪いは別にして、カルチャーとしての「ギャル」というものを皆が認識していた。

■ギャルとは何なのか?
広義でのギャル呼称はwikiに任せるとして(http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AE%E3%83%A3%E3%83%AB)、ギャルのイメージは人それぞれだが、ギャルというカルチャーをイメージ付けたのは俗に言うコギャルと言われていた存在ではないだろうか。ガングロと言われるくらい肌を焼き、派手な色遣いのファッションに独特のギャル語を駆使した少女たち。雑誌ならばegg以外に考えられない。

コギャルの発生は1990年代中期だと言われ、eggの創刊は1995年。そしてキーワードになるのが「援助交際」という言葉だ。
1996年に『援助交際 – 女子中高生の危険な放課後』(黒沼克史)という書籍がヒットしていることで、世間の認識としてギャル=援助交際とういう図式がなんとなく出来上がっていった。売春という言葉を言い換えた援助交際をある種のファッションとしてやるコギャルたちは、まさしくアウトローで不良以外のなにものでもない。ここに旧来の不良のイメージである暴走族(レディース)から、新たな不良のイメージとしてギャルというものが台頭してきたのだ。
そして援助交際というワードを見せるか見せないかのギリギリのさじ加減でギャルのライフスタイルをフィーチャーした「egg」が爆発的に売れることになる。

■若者文化の先駆けはいつも不良だった
いつの時代もアウトロー不良に憧れるという考えが日本人の中にはあった。戦後、映画業界を牽引したのは任侠映画とも言われている。高倉健、石原裕次郎、矢沢栄吉、尾崎豊などなど若い世代のカリスマは常にアウトロー不良というキーワードを持っていた。怖いもの見たさと、自分ができないことをしている人間にうっすらとでも憧れる気持ちは誰しも持っている。

1 2次のページ
AOLニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。